TETSUGAKUMANのブログ

ダークでスリリングでたまに楽しい映画を1000本以上紹介

映画「zoom(ズーム)/見えない参加者」ネタバレと感想 電波に強いから。

PC記事上


ライトセーバー通販

2021年公開のホラー映画「zoom 見えない参加者」のネタバレ&感想記事です。

 

zoom 見えない参加者

霊は電気に強い。

 

PC画面上映画の新作!

今回はロックダウンで暇だからオンライン通信アプリ「zoom」で交霊してみた。

 

ストーリー

コロナウイルスの蔓延によりロックダウンが実施されている。

人々は自宅で暇を持て余していた。

そんな中、zoomで面白いことをしてみようと集まった友人たち。

今回は「交霊」をしてみることに。

交霊の先生を呼んでみるが、先生もzoom上でこれをやるのは初めてとのこと。

蝋燭に火をつけ、部屋の電気を消す。

静かに始まったが、ここで唯一の男性参加者の彼女が陽気に乱入する。

「えーみんな何やってるのー?面白いー?」

そして男性は一度zoomを抜ける。

気を取り直して、霊に呼びかける。

「もしいたら何かサインをください」

すると

 

コンッコンッ

 

誰かの部屋から物音がした。

何何!と一同が騒ぎ出す。

すると先生が「本当にごめんなさい、荷物が届いたみたい・・・ごめんなさい」と。

「なーんだ」と一同はホッとする。

気を取り直して「もし、誰かいたら一歩前に出てきてください。」と呼びかける。

ここで急にメガネの女性がざわつく。

「何か・・・首を触られたような・・・」

先生は「何か顔や名前のイメージは浮かんできた?」と聞く。

すると泣き出すメガネの女性。

「ジョンよ、学校で一緒だったけど、自殺しちゃったの、首吊りよ・・・」

ここで通信トラブルで先生が抜けてしまう。

みんなが動揺していると「なーんちゃって!」とメガネの女性。

「だって何も起こらないからー」と笑っている。

先生に電話すると先生は心配していた。

「ジョンは何か言ってる?大丈夫?」

しかし、作り話だったので主催者が先生にそれを告げる。

すると「それはまずいわ、あっちの世界の人にこちらへ来る許可証を出したような感じなのよ。名前を与えて、呼んでしまうことに・・・」

それからポルターガイスト事件が連発する。

主催者は椅子ごと後ろに引きづられ、1人はパソコンに頭を何度も何度も強く打ち付けて血塗れになり、1人はなぜか部屋の空中で顔認証がされてしまう。

怖くなって小麦粉を撒くとそこに足跡が!

逃げてー!

助けてー!

で大パニック。

メガネの女性は助けに行くと言ってマスクをつけて主催者の家へ走る。

そこに、男性が帰ってくる。

「おーいみんなー!どうしたんだー!悪ふざけがすぎるぞーww」

「早く!逃げて!」

すると男性の家の電気が消える。

ーzoomはあと10分で終了します。アップグレードしてくださいー

男性はブレーカーを探しに行くが、そこで襲われてしまい、火達磨に。

主催者の家についたメガネの女性。

2人は部屋に何かいると気づく。

ポラロイドカメラのシャッターで確認しようとする。

カシャー

 

カシャー

 

カシャー

 

カシャぎゃーーー

 

3行ネタバレ

ロックダウンで暇だからzoomで交霊をする。

悪ふざけでやばい霊を呼んでしまう。

全員やられる。

 

感想

このシチュエーションと言いますか、PC画面上映画としては若干物足りないのだが、映画自体が60分と短く、料金も1000円と安い。

ので、問題ない。

①PC画面映画の魅力

PC画面映画の魅力は普段使っているアプリやソフトの音、画面がとても怖い物に変わるところにある。

SkypeやMessage、LINE、Facebook、その他の様々なアプリを駆使するのが面白い。

アンフレンデッドではSkype上の話の他に、同時進行でメッセージのやりとりをするなど、ミステリー感や謎解き感もある。

その最上級が「search/サーチ」だ。

振込アプリとかYouTubeとかあらゆるソフトや履歴を見て娘を探す。

途中でPC画面上だと言うことを忘れるくらいだ。

ただ、今作では「zoom」しか使わない。

あって電話の呼び出し音くらいか。

エンドロールはzoomのメンバーみたいなところをスクロールするって感じは面白い。

あとzoomがあと10分で終わるとか、最後の襲われるシーンでzooが切れるとか、そこは最高です!

②ロックダウンしている意味

この映画の中で町はロックダウンしている。

外出禁止なのだ。

その設定を使ってくれていない。

例えば「すぐ隣のビルにいるのに外に警察がいるから助けに行けない」とか「助けに行ったら警察に捕まって事情を説明するも聞いてもらえない」とか、盛り込めるストーリーはあったはずだ。

先生の家に荷物が届くのはナイス!

③特典映像はいらない

映画館では冒頭に「最後に特典映像があります」とあったのでどうやってzoomだけで撮影したのかなーと楽しみにしていた。

しかし、特典映像は関係者で実際に交霊してみるという内容。

ほぼ本編と同じなのだ。

その本編とほぼ同じ内容を10分くらい見たら、終わり。

い・・・いりません。

まとめ

映画自体が68分と短く価格も1000円なので楽しめました!

是非、続編を作って欲しいです。

アンフレンデッドもダークウェブの方が面白かったので、期待しています。

PC画面上映画

 

もっと映画を探したいなら↓