TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ!見ておくべき話題のホラー映画10選 洋画で良作大量

ホラー映画は新しい時代に突入した。

新しいアイディア、新しい設定、新しい試み。

更に、最近は映画だけではなく「事前に予告を見ている」ことを意識した連携プレーが見事です。

「予告を見る」→「ミスリードする」→「本編を見る」→「どんでん返し」

なので事前に予告を見ることをお勧めします。

 

1.ゲット・アウト

イライラするが、すっきりもする。

 

人種差別をテーマに持ってきた新しさ。

主人公も注目の俳優を起用。

そしてミスリードからのあり得ない展開。

男よ、理性を保て。

 

2.イット・フォローズ

音楽と設定に振り回される。

 

「体験型」と言わせていただきます。

鑑賞しているこっちも画面の中を探してしまう。

1980年代っぽい雰囲気と少年少女。

なぜか、10代しか映らない。 

 

3.アナベル 死霊人形の誕生

人気シリーズにして、恐怖の集大成。

 

とにかく静かな作品なので食べ物や飲み物は厳禁。

ホラー映画を見てきた人でも怖いと感じる上手な構成。

二回目の方が怖かったです。

そして禁断の人形が登場する。

 

4.IT/イット

ピエロ恐怖症再び。

 

伝説のホラー映画「イット」のリメイク。

「イット・フォローズ」に似たところだと「大人」がほとんど映らない。

嫌な大人は映る。(子供目線を再現していると思われる)

青春の甘酸っぱい思い出に浸っているとあいつがやってくる。

 

5.ドント・ブリーズ

俺の世界をみせてやる。

 

大金をため込んでいるじいさん。

それを狙う若者。

それぞれに動機があり、それぞれに思惑がある。

地下室にはじいさんの希望が詰まっている・・・

 

6.ジェーン・ドウの解剖

とにかく「不気味」なんです。

 

地下から見つかった遺体。

身元を証明するものが何もないので「ジェーン・ドウ(身元不明人)」。

その遺体を解剖すると鮮血が溢れだす。

この遺体は一体何なんだ。

 

7.ライト/オフ

「暗い」=「怖い」を再確認。

 

ホラーらしからぬ展開が新鮮。

電気をつけたり消したり、しちゃうんですよね。

ホラーが苦手な方にもおすすめ。

あんな赤い部屋で生活してたらそっちの方が気が狂いそう。

 

8.呪い襲い殺す

タイトルどうにかならなかったのか。

 

「殺す」って言っちゃうタイトルもすごい。

しかし中身は良い、続編も出ています。

日本でいう「こっくりさん」のアメリカバージョン。

それは霊を呼び寄せる・・・なんて、遊びですよ、まさかね。

 

9.グッドナイト・マミー

思ってたのと違うけど。

 

とにかく不気味で不安になる予告。

見てはいけないと感じるほどですが、そっちじゃないです。

状況説明がなさ過ぎる。

しかし、気づいたときにはもう遅い。

 

10.ヴィジット

近代兵器も役に立たない。

 

珍しくネットが繋がるんです。

兄弟が初めておじいちゃんおばあちゃんの家に行く。

何気なく楽しみますが、町がちょっとあわただしい。

老人って、怖い!

 

まとめ

はずしてはいけないホラー映画たち。

勢いもありますのでまだまだ作ってほしいです。

注目のヒーローホラー映画「ニュー・ミュータンツ」が延期。

理由は「イット」や「ゲット・アウト」を見た監督が「もっと怖くできる!」と思ったからだそうです。

他にもおすすめのホラー映画はいっぱいありますのでどんどんチェックしてください。

プライバシーポリシー