TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめスパイアクション映画10選 隠れない、戦う!

スポンサーリンク

果たしてスパイなのか?と思ってしまいます。

スパイアクションの場合は秘密の組織に属していて、秘密の予算があって、秘密の任務があれば何をしても良い。

むしろハチャメチャするのが痛快です。

つまり「俺はボンド、ジェームズボンド」。

言っちゃうんだ。

おすすめスパイコメディー映画10選 敵もバカである。

おすすめスパイ映画10選 誰が見方で誰が敵なの?この人だれだっけ?

 

1.キングスマンシリーズ

組織名:キングスマン

 

下・・・下品!

 

新時代のスパイアクション誕生!

技術的にもぶっ飛びすぎていない・・・いや飛んでます。

落ちこぼれ男が「キングスマン」になる。

他のスパイアクションの主人公ってみんなJBなんですね。

 

2.コードネーム:アンクル

組織名:CIA、KGB

2大組織のトップが手を組む、のか?

  

アメリカ+ソ連VSナチス、これ以上の設定があるでしょうか?

それぞれの組織の若手トップの凸凹コンビ。

無茶で、はちゃめちゃで、ノリノリな作品です。

ガイリッチー監督はこういうのがいいですよ。

 

3.アトミックブロンド

組織名:MI6と?

スパイといえば取り調べ。

 

東西冷戦時代、ベルリン、スパイ映画、最高。

途中でやっぱり複雑になるんです。

「あれ?誰が誰に何を渡したんだっけ?」

音楽も最高。

なによりどつきあいが痛そう。 

 

4.顔のないスパイ

組織名:CIA

伝説のソ連のスパイVS「CIA」&「FBI」。

 

誰が誰だかわからない系スパイ映画。

信じられるものほど裏切ることができる。

はたして「カシウス」は存在するのか。

最後に納得できればそれでOK。

 

5.スパイ・レジェンド

組織名:CIA

強い親父、女を助ける。

 

スパイ映画に必要な要素「強い男」「美女」「強大な敵」すべて揃っています。

そしてカーチェイス、現代的にドローンも駆使。

よくある話ではありますがストレートで良い。

依頼主は味方なのか・・・。

 

6.007シリーズ

組織名:MI6

俺はジェームズボンドだ!

 

代名詞的な作品ではありますが若干アウトロー。

今までのボンドはクールで汚れず、スマート。

今回はマッチョでダーティー。

敵のマッツミケルセンが怖い。

あの拷問だけはご勘弁願いたい

 

7.ミッションインポッシブルシリーズ

組織名:IMF

1はちょっと古いので3からでもOK!

 

伝説のスパイ、イーサンハント。

そもそも「インポッシブル(不可能)な任務(ミッション)」用の組織。

スパイらしいグッズもたくさん登場します。

そして、女。

欠かせませんね、スパイ映画に綺麗な女性。

 

8.ボーンアイデンティティー

組織名:CIA

あれ?・・・おれ、スパイ?

 

CIAに何かされた男。

そして、思い出したら他のスパイや暗殺者に狙われる。

たまたま一緒になった女性との逃亡劇。

俺は誰なんだ。

ミニでのカーチェイスが見もの。

 

9.ソルト

組織名:CIA

アメリカとロシア、探り合い探り合い。

 

とにかく強い、無敵の女スパイ。

それも作戦?これも作戦?と考えてしまう。

誰がはめ、誰がはめられたのか。

主人公補正を楽しめる映画。

 

10.ローニン

様々な組織

様々な組織のスパイが集う。

 

冷戦が終結し、無用の長物となったスパイたち。

そんな男たちがある女に集められる。

目的はある銀色のケースを奪うこと。

スパイたちは任務への喜びと不安を感じる。

ワインでも飲みながら見たいタイプの映画ですね。

 

まとめ

スパイといってもガンガンフィールドで戦ってますよね。

どこまでがスパイでそうじゃないのかわからなくなってきました。

プライバシーポリシー