TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

映画「ボーダーライン/ソルジャーズ・デイ」ネタバレと感想 主人公なきバイオレンス。

スポンサーリンク

残酷な対決構造が完成した。

 

ボーダーライン

ソルジャーズ・デイ

利用し、使用される。

 

前作の緻密さはそのままだったのが一番安心した。

危険はフードコートの中みたいな日常の中に存在する。

 

ストーリー

麻薬戦争、国境戦争を優位にするために国防総省がとった作戦。

それは、メキシコで戦争を始めさせること。

有名麻薬カルテルのボス、その子供を誘拐することでカルテル同士の争いを引き起こさせる。

 

そのため手を汚すことになったマット(ジョシュ・ブローリン)。

今回もアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)の手を借りることに。

 

一方、徐々にマフィアの下で越境ビジネスに染まっていく少年(以下、下っ端)。

アメリカへも自由に行き来でき、それなりに裕福な家庭に育っていた。

次第に国境越えのガイドまでこなすことに。

 

学校帰りに誘拐された麻薬カルテルのボスの娘。

通常の誘拐に見せかけ、アメリカへ連れていく。

その後、アメリカの麻薬取締局が発見したことにする。

そして軍の保護下に。

 

スーパーで用事を済ませたマットとアレハンドロは飛び出してきた下っ端を轢きそうになる。

「どこ見てるんだクソガキ!」

目が合う下っ端とアレハンドロ。

乗っているのが警察車両だった。

 

少女をメキシコ側に引き渡すために移送することに。

メキシコ警察が前後に付いてくれるが、いきなり攻撃される。

激しい銃撃戦の中、少女は逃げ出す。

 

事態の悪化に一行はアメリカへ戻ることに。

アレハンドロは一人で少女を追う。

 

この失態で国防総省は作戦を中止に。

少女もアレハンドロも始末しろとの命令が下る。

マットはアレハンドロに電話をかける。

「作戦は中止だ、少女を始末しろ」

 

アレハンドロは少女に追いつき、始末せずに二人でメキシコからアメリカへ密入国ルートで入ろうとする。

もうアメリカ側は信用できない。

 

この密入国ルートで例の下っ端に見つかってしまう。

アメリカ側の警察関係だということがバレてしまい、砂漠で殺されることに。

マフィアの男は下っ端に銃を渡し、殺せ、男になれと言う。

下っ端はアレハンドロの顔を撃ち、大量の血が流れ出す。

 

その様子を衛星から確認したマット達。

「自分たちでやらなくて済んだな」と複雑な心境。

しかしマットは命令を無視し少女を保護、アメリカへ連れ帰る。

 

翌日。

生きていたアレハンドロ。

弾は頬を突き抜けていただけだった。

 

一年後。

出世し、タトゥーを入れている下っ端の前にアレハンドロが姿を現す。

震え上がる下っ端。

「お前、暗殺者になりたいか?

未来の話をしよう。」

 

感想

思いが交差し、絡み、裏切り、前進する。

悪く言えば主人公なきバイオレンス、よくある擬似親子物への第一歩。

しかし、設定や演出の緻密さは素晴らしかった。

①感情移入先がない。

前作の一番良い部分は、主人公が観客とともにストーリーに振り回されるところだ。

そして可能な限りの正義を振りかざすが、それはちっぽけな抵抗でしかない。

今作で登場するのは復讐の鬼「アレハンドロ」、手を汚す兵士「マット」、悪に染まる下っ端、裕福な麻薬カルテルの娘、だ。

誰にも感情移入できない。

アメリカでは評価が低いようだが、これが一番の原因だと思う。

今作も別人でいいので「感情移入できるキャラクター」がいた方が良かったのではと思うが、むしろその「主人公なき暴力(戦争)」を描きたかったのだろうか。

②交差する人物、そして対立。

もう一つ、今作は次作への大きなプロローグだと感じた。

 

両側がうまい具合に善と悪を保有することになった。

アメリカ政府側:マットとメキシコ(麻薬カルテル)の娘。

復讐側:アレハンドロとアメリカ(裕福な家庭出身のマフィア)の少年。

お互いが相手の分子を内包させた状態で次作、対決へと進んでいく。

とうとう、あの極悪コンビが敵になるのか。

※これは筆者の予想です。

③メキシコ警察ってやつは

それにしても、メキシコ警察はもう信用しちゃダメだろ。

車の荷台に銃火器を積んで先導してもらってたら振り向いて撃たれるって・・・

どこまで本当かわからないけど、メキシコではマフィアが秩序を守っているらしい。

警察が完全に腐っている、あとはマフィアがのさばっている。

とんでもないな、メキシコ警察は。

と、いう風な感想になってしまいますが、いいのでしょうか。

映画ですからね、映画。

 

まとめ

今回も「日常の隣にある暴力」が緻密でしたね。

モールのフードコート内に悪がいるなんて、誰が想像しますか?

自分の周りの人がどんどん死んでいく少女は今後誰も信用できないだろう。

出会う人みんなに「もう安全だ」と言われながらその人が死んでいく。

少年はどこまでマフィアで登っていくのか。

最後に、デルトロが生きてて良かったー!

 

おすすめ映画

 前作は傑作、必見。

「ボーダーライン」

 

メキシコからの密入国者を狩る男。

「ノーエスケープ 自由への国境」