TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ潜水艦が舞台の映画10選 決断と戦術が全て

スポンサーリンク

戦争映画の中でも飛び切り緊張感のある乗り物。

「潜水艦」

目ではなく、耳のみで全てを判断しなければならない。

 

判断ミスは命取り。

判断遅れも命取り。

 

緊張感のど真ん中へ、潜水開始。

 

1.クリムゾン タイド

その判断が、世界を変える

 

登場する潜水艦:USS-アラバマ

 

ロシアが内戦状態になり、予測がつかない状況に。

反乱軍が日本とアメリカに核を撃つと宣言。

その前に核攻撃をするために潜水艦は向かう。

映画の引用もあり、ストレートだがバランスの取れた作品。

 

2.レッドオクトーバーを追え!

潜水艦ごと、亡命希望。

 

登場する潜水艦:USS-ダラス/レッドオクトーバー

 

ソ連の最新鋭の潜水艦が突如、現れる。

それを追うのだが、彼らは亡命を希望していた。

「対戦」とは違う緊張感。

政治も絡んだ名作。

 

3.K-19

実際起きた事件。

 

登場する潜水艦:K−19

 

航行実験で原子炉の冷却装置が故障。

原子炉を冷却できない=メルトダウンの危険性。

その状況に立ち向かった勇敢で悲しい話。

潜水艦は本当に危険と隣り合わせ。

 

4.U-ボート

潜水艦映画といえばこれ。

 

登場する潜水艦:U-96

 

ちょっと古いですが名作です。

アカデミー賞に6部門ノミネート。

孤独と緊張に心が砕けそうになります。

U-ボートとはドイツの潜水艦のことです。

 

5.ビロウ

異色の潜水艦ホラー映画。

 

登場する潜水艦:USS-シルバーサイズ

 

潜水艦に女性を乗せてはいけない、という迷信。

しかし、救助した中に女性がいたが乗せないわけにもいかない。

すると次々と不吉なことが起こり始める。

逃げ場?全くない!

 

6.ブラック・シー

沈んだU-ボートを探せ、大金が積んである。

 

登場する潜水艦:U-69

 

海に人生をささげた主人公。

突然解雇されるが、一攫千金の話が舞い込む。

それは、沈んだ潜水艦を探し、乗り込み、金を奪う事。

深海での駆け引きに男の心はすり減っていく。

 

7.ファントム 開戦前夜

不信は全てを壊す。

 

登場する潜水艦:K-129

 

ソ連の潜水艦K-129がハワイ沖で沈没した実話を基にした映画。

狭い空間に長時間一緒にいるので信頼は何より大事。

なので、新参者が「いる」だけで危ない。

政治ではなく人間サスペンス色が強い。

 

8.U-571

敵も味方も残酷である。

 

登場する潜水艦:U-571

 

動けなくなったU-ボートに近づくアメリカの潜水艦。

しかし、ほかのU-ボートに見つかる。

故障したU-ボートの乗組員は帰る・・・と思っていた。

戦争の残酷さを目の当たりにする。

 

9.眼下の敵

珍しくテンポがよい。

 

登場する潜水艦:U-ボートⅨ式

 

動きの遅い潜水艦映画で珍しくポンポン進む。

アメリカVSドイツの潜水艦対決。

名作の一つであり、クリムゾンタイドの映画内で話に出てくる。

これぞ潜水艦映画の原点。

 

10.沈黙の艦隊

個人的にはこれが1位。

 

登場する潜水艦:やまと/たつなみ/やまなみ

その他(アメリカ、イギリス、フランス、ソビエト、インド、中国)の潜水艦

 

そもそも順位なんてないのですが、潜水艦が好きになったきっかけ。

日本で極秘に作られた原子力潜水艦。

しかも、米海軍所属。

更にそこから逃亡し・・・

政治と戦術が面白いように絡まる。

そして船長の頭脳明晰っぷりが快感。

 

まとめ

戦争映画のなかでもシチュエーションスリラーのごとくヒヤヒヤする。

訓練と行動と思惑と政治が絡まり、一つでも読み間違えたら沈んでしまう。

ちょっと日常が描かれるのがまた心をすり減らす。

最近は少ないので、新作を待っています。