TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

2019年6月にみた映画をサクッと紹介 X-MEN祭り

スポンサーリンク
hulu

個人的に一番面白かったのはダークフェニックスですかね。

面白かったというか、私の心をくすぐる作品だったんですよ。

「圧倒的なパワー」が好きなんです。

 

1.ゴジラ キング・オブ・モンスター

大怪獣映画大集結。

 

ど迫力で面白いのだが、一点だけ難点がある。

カメラが近い。

引きで見れたらその迫力がもっと増したと思う。

あと、海外の考えるモンスターって蟹みたいなのが多い。

日本のモンスター造形ってユーモアなんだなと思った。

 

2.コラテラル

ヴィンセント、かっこいい。

 

見ていませんでした。

これも殺し屋映画といえば「無敵感」ですが、これはちょっと違います。

淡々と進む感じが妙にリアル。

無謀な感じが冷酷さを増させる。

 

3.ハイテンション

若干、イライラ映画。

 

前々から気になっていたんですよ。

スプラッター映画でタイトルが「ハイテンション」?

エンディングがどんでん返し系のがっかりバージョンです。

あーそっち系ね。

 

4.CUB/カブ 旋律のサマーキャンプ

説明不足。

 

ホラー映画ではよくあることですが、よくわからない。

状況や相手や結末が。

このボーイスカウトの雰囲気も含めて。

先方も二種類いるのでちょっと盛りだくさん。

 

5.デッド・フレンド・リクエスト

友達コレクション。 

 

「アンフレンデッド」に続くSNSホラー映画。

フェイスブックでフレンドいっぱいわーい!

じゃあ私とも友達になって!

え?なんで?

からのトラブルって現実でもありますからね。

 

6.ジグソウ:ソウ・レガシー

話し合いが下手。

 

スプラッター映画って「こうすればいいのに!」と思ってイライラしますよね。

今作もそれのオンパレード。

今ままでのソウファンなら楽しめる意外な展開も用意してます。

 

7.MIB インターナショナル

内容がないよ。

 

MIBの面白さは「凸凹バディーが変わったエイリアンに囲まれてトラブルを巻き起こす」です。

今作は凸凹バディー感が薄い。

主人公が万能すぎてなんだかスパイスが足りない感じ。

あの小さなキャラクターは最高だった。

 

8.オールドボーイ

韓国版の勝利。

 

期待はしていなかったが、それを下回る・・・個人的に。

20年を実感させる演出が薄く、その分怒りが読み取れない。

ラストも誠実すぎて受け入れ難かった。

あのネズミの悲しいシーンはいるか?

 

9.ダークタワー

ダークタワーとは。

 

一言だけ。

タワーには行かないのかーーーーーーーーい!

 

10.X-MEN:ダークフェニックス

圧倒的すぎる。

 

X-MENでチート級の力を持っている。

それがさらに宇宙のパワーを飲み込んだ。

もう誰も敵わない。

真面目でかっこいい、これぞX-MEN。

アベンジャーズのようなユーモアは、ない。

 

11.X-MEN:フューチャー&パスト

X-MEN制覇しまーす。

 

もともと時系列に難のあるシリーズを一気にめちゃくちゃにした。

もう何が何だか。

それぞれのキャラクターを楽しめる点ではこれが一番かもしれない。

若いプロフェッサーとウルヴァリンとマグニート、最強。

 

12.ワイルド・スピード:スカイミッション

ストーリーが吹っ飛ぶ。

 

色々ド派手にあったんですよ。

でも、ラストで全てが吹き飛んでしまった。

もう悲しくて悲しくて。

思い出しただけでまた悲しい。

 

13.X-MEN:アポカリプス

最初のミュータント、現る。

 

ミュータントからミュータントへ乗り移り、その力を得た。

身長が小さいのが玉に瑕。

これを見てからダークフェニックス見たかった。

マグニートかっこいい。

 

まとめ

X-MENを制覇してきているのですが、どうも「ウルヴァリン・サムライ」は見る気になれない・・・

またデッドプールが見たくなってきた。

チート級に強いといえば「フェニックス」と「キャプテンマーベル」なのに、まだ「キャプテンマーベルを見ていない!

見なくては!

プライバシーポリシー