TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ復讐(リベンジ)映画10選 最も純粋な行動理由。

スポンサーリンク

復讐ほど純粋な理由は映画界にないですね。

スカッとできるもの、できないもの。

激しいアクション、静かなスリル。

いろんな種類を楽しみましょう。

 

1.デッドプール

ヒーロー、復讐する。

 

失礼、彼はスーパーではあるがヒーローではない。

彼は世界を救いたいなんてこれっぽっちも思っていない。

頭にあるのは「フランシスをぶっ殺してやる」だけです。

なぜかって?俺を醜い化け物にしたからさ。

 

2.ジョンウィック

純粋無垢な復讐。

 

伝説の男は裏社会から足を洗った。

それは女のためだった。

ガンアクションも最高。

でも、あの悲しんでいる演技に毎回泣けてしまう。

それがあってこその復讐。

 

3.オールドボーイ

韓国といえば復讐。

 

唯一見た韓国映画です。

ストーリーの巧みさ、ユーモア、残酷さ、最高です。

15年も部屋に閉じ込められたら100%復讐しますよね。

オチに気づいて、復讐は一周する。

 

4.デッドマン・ダウン

ヒネリが加わった復讐。

 

殺された妻と子供のために復讐する。

よくある話ですが、それだけにとどまらないストーリー。

問題はノオミを受けつけるかどうか。

全体的にバランスの良い作品です。

 

5.96時間 リベンジ

最強だけど、二度誘拐される。

 

誘拐→父の復讐→組織に復讐される→父の復讐→・・・

これぞ、復讐の連鎖。

最強親父の一人の手際の良さが快感。

そして、娘はあまりにも自覚がなさすぎる。

 

6.ドライヴ

動機がちょっと変わってる。

 

いい感じになった女性には夫と子供がいる。

夫は犯罪者、そして組織に・・・

そして、静かなる復讐に立ち上がる。

静かな男はキレるとこうなる。

ヒロインの幸薄感が半端ない。

 

7.マチェーテ

首って簡単に切れるんですね。

 

行動力と武器が野蛮だ。

意図的にB級に作った作品です。

このバカさ加減が最高です。

続編の「マチェーテ・キルズ」は見なくていいです。

 

8.パニッシャー

パニッシュ=罰。

 

マーベルのダークヒーロー。

デッドプールと違い、彼にユーモアはない。

敵はジョントラボルタだ。

ダイナミックなアクションが楽しめます。

 

9.マックスペイン

雰囲気がすごい。

 

ゲームを基にした作品。

そのため独特な世界観についていくのが難しい。

内容はストレートな復讐のストーリー。

ゲーム原作だからこそ、あまり裏はない。

そこそこファンタジーなので要注意。

 

10.ブルーリベンジ

静かなリベンジ、素人のバイオレンス。

 

両親を殺した男が司法取引により釈放される。

その時をただひたすら待っていた。

手口は荒く、感情がむき出しだ。

出口は見つからない。

 

まとめ

「復讐は甘い蜜」とはよく言ったものです。

その感情は何よりも純粋に人々を突き動かす。

それに打ち勝つというヒューマン映画もありますが、今回はバイオレンス中心です。