TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

アメリカ大統領って大変だ映画10選 生きて任期を全う出来るか・・・

アメリカ大統領って世界一狙われる人物の一人ですよね。

仲間も多いが敵も多い。

大統領が主人公の場合は「アメリカ最高!」という内容が多いですが、振り切ってて気持ち良いです。

あと、とにかく味方が強いので安心して観られます。

 

1.エンド・オブシリーズ

ピンチを通り越したピンチからの逆転劇。

ジェラルド・バトラー演じる側近が強い、強すぎる。(ステイサムの次に)

 

殴り合いも銃の命中も知識も行動力も。

でも一番の魅力は口が悪いところ。

この三部作は結構ハラハラします。

ホワイトハウスが朝鮮民族に陥落させられたり、イギリスで中東の武器商人に狙われたり・・・

相手も絶妙に「国」じゃないところがさすがです。

「北朝鮮だ」とかじゃなく「朝鮮出身の世界的犯罪者」とか「イスラム教だ」じゃなくて「中東出身の武器商人」とか。

あとはひたすらアメリカ万歳映画。

でもその強さが心地いい。

アメリカの特徴は忠誠を誓うものが「国旗」というところ。

 

2.エアフォース・ワン

大統領が無双する。

 説明不要の大統領ピンチ映画の代名詞。

 

シークレットサービスがいらないんじゃないかってくらい元軍人の大統領が強い。

無双するも次々に問題が起こるハラハラパニックダイハード。

ハリソン・フォードもはまっているが、何よりゲイリー・オールドマンの悪役が最高。

大統領専用機は常に2機同時に飛んでいる。

 

3.ホワイトハウス・ダウン

たまたま見学に来てた警察官が最強。

チャニング・テイタムを楽しむ映画ですが、アクションや映像がかっこいい。

 

中東がどうしたとか多少の政治要素はあるがそのあとは「知らんけど!」ってくらいにただのアクション映画なのでご安心を。

大統領が銃撃戦の最中ゾンビ映画を見るところがハイライト。

エンドオブシリーズより好きという意見も多い。

 

4.ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

サミュエル・L・ジャクソンが大統領ってだけで合格。

 エアフォースワンがテロリストの攻撃を受けて墜落。

 

生き残った大統領を13歳の少年が助けるストーリー。

大統領がヘタレで少年の態度が大きい。そのギャップがなんとも面白い。

90分の短い作品なのでサクッと観られます。

家族で観れる感じなので映画好きには物足りない感じもあるかもしれません。

 

5.インデペンデンス・デイ

大統領、エイリアンと戦う。

 もう誰もが知っている映画ですが、大統領のスピーチといえばこの映画

 

個人的には「博士が活躍する映画」として大好きです。

「エリア51なんてないんですよww」という大統領に側近が「いや・・・実は・・・」ってところがいいですね。

武闘派ではなく戦闘機乗りとしての強い大統領です。

吹き替えもおすすめ。

「おまけにくせーんだよ!」

 

6.JFK

陰謀は消される。

 ハラハラドキドキの映画ではないがジリジリと真実や思惑が焼けていく感じがたまらない。

 

小さな情報を紡いで真実に迫るが、そうするとさらに新たな疑問が生まれてくる。

またまた悪役(ではないか)のゲイリー・オールドマンが鳥肌が立つほどオズワルドに似ている。

情報過多でついていくのがやっとなので何度見ても新しい発見がある。

NHKの特集や他のドキュメンタリーを見てからだとさらに面白い。

ケビン・コスナー絶頂期の作品。

 

7.13デイズ

政治的ハラハラ映画。

 あの「キューバ危機」の13日を描いた映画。

 

ど頭からミサイル発射やキノコ雲の映像で一気に緊迫感を高められた上で最後まで緊張は解けない。

1つでも判断を間違えると何十万何百万の命が一瞬で吹き飛ぶ。

そんな緊張感を背負った大統領。

プレッシャーの域を超えていて精神が崩壊していないのがただすごい。

 

8.スーパー・チューズデイ 正義を売った日

選挙は勝つためにある。

 大統領自体がどうのという映画ではないが、こうやって大統領は誕生する。

 

その頭脳戦と裏切りにゾクゾクする。

これもまたそれぞれの正義があるのだが、こんなことが4年に1度繰り広げられているのか。

キャストがとにかく魅力的で駆け引きが目に見えるので楽しいです。

 

9.フロントランナー

完璧な人間なんていない、けど・・・

 大統領選で「ケネディーの再来」とまで言われた期待の候補。

 

しかし、1つの報道で全てが崩れ去っていく。

社会派なので丁寧に描かれていますが、静かな崩壊なので人によっては単調に感じると思います。

大雑把な人の1つのミスは気にならないけど、完璧に近い人間の1つのミスは大きい。

これが「大統領選」というゲームだ。

 

10.ブッシュ

なんでこいつが大統領になれたんだ?

 お父さんを見返すためにイラクに攻め込んだ男。

 

今まで紹介した「アメリカを背負う男」としての大統領はカッコよく描かれています。

それが選挙系でちょっとぐらついて、実際の大統領の伝記(もちろんフィクションもある)で完全に崩れ去る。

コメディーです。

大統領伝記物がコメディーで描かれるたんて・・・

俳優たちの変身っぷり見どころです。

 

まとめ

フィクションの大統領はもうカッコよくてたまりません。

日本の首相がかっこいい映画とかも見て見たいですね。

他にも大統領の陰謀を描いた映画とか、側近を描いた映画とか、ハマると楽しめる大統領ユニバースです。

プライバシーポリシー