TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

極端な設定が面白い映画10選 それだけで2時間もつ!?

スポンサーリンク

 最近はストーリーの面白さよりも設定の面白さを際立たせた作品の方が面白いと感じます。

何か1つだけでも奪われると身動きが取れなくなる。

五感って大事ですね。

 

!設定がネタバレのパターンもあります!

 

※密室映画は別で特集しています。

 

1.メメント

設定:映画はラストから始まります

主人公は10分しか記憶がもちません。

 

この映画はそれを体験できる仕様です。

まずは最後の10分からスタートし、その前の10分、その前の10分へと進んでいきます。

こちらも推理しながら見るので面白いです。

そして、ラストの真相と原因を知る。

 

2.クワイエットプレイス

設定:音を出したらダメ

とにかく音を出したらダメ。

 

〇〇に瞬殺されます。

でも、その設定にはツッコミポイント満載。

まず、手話を覚えましょう。

 

3.ラースと、その彼女

設定:弟の彼女が人形

社交的ではない弟が初めて連れてきた彼女は、人形だった。

 

どんなトンデモ設定だよと思ったが、最後には感動で泣いている自分がいた。

ここからどうやって感動が始まるのか!?

摩訶不思議なほっこり映画です。

 

4.マルコヴィッチの穴

設定:マルコビッチになれるよ

なぜジョンマルコビッチになるのか?

 

なぜマルコビッチなのか?

マルコビッチになってどうするのか?

とにかく、マルコビッチになるのだ!

しかしマルコビッチにとっては大迷惑だ。

 

5.トゥルーマンショー

設定:主人公は主人公だった

平凡な人生を歩んでいるはずの主人公。

 

しかし、彼の全てはテレビ中継されていた。

そう、究極のリアリティー番組だったのだ。

町から出られないともがく主人公を見て、あなたはどう思うだろうか。

もし、これが自分だったら・・・

 

6.イエスマン

設定:全てにイエスとだけ答える

あなたの人生はもしかして「ノー」でできていませんか?

 

週末に海外行く?

ロシア料理食べに行く?

船舶免許を取りに行く?

もし「ノー」と答えていたら、それだけ人生の面白みがなくなったということ。

全てに「イエス」と答えたらこうなる。

 

7.オールドボーイ

設定:男を15年間監禁してみた

監禁されたら必ず思うことがある。

 

「復讐」だ。

答えと復讐を求めて男は突き進む。

これぞバイオレンス、これぞユーモア、これぞ復讐。

 

8.ブラインドネス

設定:自分だけ目が見える

盲目の逆バージョン。

 

全世界は失明したが、自分だけ見えている。

もし「私は目が見えます」と言ったらどうなるだろうか?

普通であることの恐怖に襲われる。

 

9.ベンジャミンバトン 数奇な人生

設定:どんどん若くなる

老人として生まれ、どんどん若くなっていく。

 

どんなラストを想像しますか?

原作は非常に短い話です。

でも、老人と子供ってどこか似てるところもありますよね。

 

10.運命のボタン

設定:ボタンを押すと「誰か死ぬ」& 大金が手に入る

ボタンを押すか押さないか、それだけ。

 

でも、もしその誰かが「家族」「恋人」「友達」だったら。

押す?押さない?

これだけで人は壊れていく。

むしろ、よくこれを映画にしたな。

 

まとめ

まさに「世にも奇妙な物語」状態です。

でも、普通の設定の映画なんてないんですけどね。

ジュラシックパークとか、バックトゥーザフューチャーとか、トンデモ設定ですからね。

最近ではネットフリックスが極端な設定の映画をよく作っています。

プライバシーポリシー