TETSUGAKUMANのブログ

ダークでスリリングでたまに楽しい映画を1000本以上紹介

ホラーが800作品以上!?映画を公平に評価する「MIHOシネマ」をご紹介

PC記事上


ライトセーバー通販

今回は初のご紹介企画です。

お互いに紹介するというものなのですが、ご連絡をいただくまでは存在を知りませんでした・・・

で、見てみたら凄かったので「どこが凄いのか」を簡単に紹介いたします!

そのサイトはこちら!

f:id:TETSUGAKUMAN:20201217141455p:plain

 

MIHOシネマとは

映画のあらすじ解説の総合メディアで現在8000作品以上を掲載中。

(8000作品!?)

ネタバレを含めてストーリーを結末までわかりやすく簡単に解説。

(8000作品のストーリーまで書いてるの!?)

公開予定や上映中の最新映画の感想・評判・口コミも紹介しています。

(8000作品プラス公開予定や上映中の情報まで載ってるの!?)

という化け物映画サイトです。

褒めてます。

ホラー映画について

ほぼほぼホラー映画紹介のこのブログとしてはホラー映画チェックは欠かせません。

さて、ではMIHOシネマではどのくらいのホラーが紹介されているのか。

ジャンルホラー映画、で探してみると・・・

1ページに15作品×58ページで・・・計算すると・・・870作品。

・・・。

とんでもない数じゃないですか。

ということはマニアックな作品もてんこ盛りなのです!

 

紹介の内容

さて、では作品の紹介はどのような感じなのでしょうか。

文字数としては平均的に1500から2000くらいでした。

 

①作品情報

制作年や上映時間、ジャンル、監督やキャストが見やすく載っています。

特に上映時間は私も気になるのでありがたいです。

ホラー映画だと90分前後が好きです。

②無料視聴できる配信の紹介

U-NEXTやAmazonプライムなどのVODの中で無料で見れるサイトを紹介しています。

正直に言いますと、私がチェックした作品の中では最新の情報ではないものもありましたが、最終更新は2020年11月なのは驚き!

8000作品の情報更新どうやってるんだろう・・・気になる。

③評価

評価はおすすめ度、キャスト、ストーリー、映像技術、演出、設定を星評価しています。

私が見たかぎり採点基準は「ノーマル」ですね、辛口でもなく甘口でもない。

信用できます。

④あらすじ

「起承転結」ごとにストーリーが分けられているのが非常に分かりやすい!

これは凄いですね。

ざっとだけ知りたい方は見出しを読めば理解できます。

⑤感想・レビュー

ここの記入は「MIHOシネマ編集部」になっているものもあれば「30代女性」「40代男性」のようになっているものもある。

概ね公平な内容でここも辛口でも甘口でもない感じが非常にいいですね。

 

その他のポイント

丁寧にジャンルや俳優、シリーズなどに分けているのでジャンルで探しやすいです。

検索で自分の好きな作品があるのかを探すのもまた楽しい。

 

ということで・・・ 

「TETSUGAKUMAN」VS「MIHOシネマ」5番勝負!

TETSUGAKUMANの好きなマイナー作品がMIHOシネマで紹介されているのか?

という簡単な内容です。

では早速行ってみましょう。

1作目「ファイトクラブ」

これはもちろんあると思っていますが、最高に好きな作品なので一応確認です。

もちろんありましたね。

安心安心。

では次!

2作目「ボーダーライン」

ちょっとマイナー気味ですが、続編も出ていますので、ありますよね。

うん、ありますね、さすがです。

3作目「グリーンルーム」

ではちょっと攻めてみますよ。

これはあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

残念!ありませんでした。

これはスリラーでストーリーも意外な展開で進むのでおすすめです!

4作目「ローズ・イン・タイドランド」

 

 

 

 

 

残念!またしても!

これは摩訶不思議映画で私は最高に好きな作品です!

 

現在2勝2負!いい勝負です。

5作目「ストレンジャーズ地獄からの訪問者」

これは勝負に出ましたよ!

リブタイラーが出ている1作目ではなく、2作目です。

ある・・・ありましたね。

 

5番勝負の結果

2勝3負で私の負けです・・・

さすが8000作品。

ここのブログでは1100作品くらいなのでボロ負けですけどね笑

私はダーク作品専門なので、その分野では負けません!

追伸

ストレンジャーズの1作目「戦慄の訪問者」はなかったのでこっちにしていれば勝てた・・・

悔しいです!

当サイトとの違い

TETSUGAKUMANのブログとMIHOシネマの違いはいくつかあります。

ジャンルの分け方

MIHOシネマ:分かりやすいジャンル分け

TETSUGAKUMANのブログ:マニアックなジャンル分け

感想の内容

MIHOシネマ:平等な評価

TETSUGAKUMANのブログ:時に辛口、時に自由な考察、時に多甘口で大絶賛。

得意分野

MIHOシネマ:全映画(ホラー映画の占める割合は10%)

TETSUGAKUMANのブログ:洋画で暗めのホラーやスリラー、ミステリーやSF。(ホラー映画の占める割合は60%)

 

まとめ

このブログはかなり勝手な解釈や勝手な考察を入れるのですが、MIHOシネマは公平に評価しているのが非常に印象的でした。

「あの映画ってどんなストーリーだろう?」と思ったらMIHOシネマで間違い無いです!

気になった方はこちらからどうぞ!