TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめタイムループ・タイムリープ系映画10選 繰り返し繰り返し繰り返し

スポンサーリンク

ハズレの少ないジャンルです。

なんなら脚本をしっかり練らないといけないジャンルであり、伏線と回収が主な目的だからです。

 

ここで区別したいのは「タイムトラベル」との違いです。

 

微妙ではありますが「タイムトラベルほど自由に行き来できない」という定義で選んでいます。

 

1.オール・ユー・ニード・イズ・キル

死んだら、コンテニュー。

 

日本原産、トムクルーズ主演。

死ぬとある一定時間まで元に戻る。

果てしない回数繰り返して、戦略を練る。

相手のセリフをそのまま言ってのけるのが楽しい。

 

2.ミッション:8ミニッツ

制限されたループ。

 

観客は主人公と同じ情報量しか与えられない。

主人公同様の謎解きと繰り返しを体験する。

8分間を繰り返し、ある事件を解決する。

問題は、そのループが止まるとき、どうするかだ。

 

3.デジャヴ

さて、今回は何回めでしょうか。

 

タイムループのシステムとしては若干強引だ。

しかし、デンンゼルワシントンが出てると最高に面白い。

記憶がないからといって最初が1回めとは限らない。

何回も見直してヒントを探す必要がある。

 

4.ルーパー

タイムトラベルは制限されている。

 

未来から送られてくる犯罪者を殺す仕事。

絶対に相手を逃してはいけない、歴史が変わってしまう。

過去の出来事が未来に影響するタイプ。

つまり腕にメッセージを刻むと?

 

5.バタフライエフェクト

あの時に戻れたら。

 

些細な違いが未来には大きな影響を与える。

なんども過去に戻ってやり直そうとするが、どうしても上手くいかない。

映画を観た後にこの予告を見ると「あのシーンかー!」と言いたくなる。

ループものでは珍しく、切ない。

 

6.ループ 時に囚われた男

死ぬと戻る系、の複雑系。

 

ただでさえ頭を使うループ系。

しかし、今回は主人公以外が死ぬとループする。

なのでループするタイミングが分かりにくい。

この「分かりにくさ」を楽しむ映画なのではないかと思います。

 

7.パラドクス

このストーリー、考えるほどに怖い。

 

ただひたすらにループしているのではない。

それには目的と理由があった。

ある瞬間が「ループへの入り口」で、それに入るか入らないか。

自分の人生に置き換えて考えると怖くなります。

 

8.ハウンター

もっとやりようがあるでしょ。

 

ティーンだからかもしれないけど、思考が困ったちゃん。

繰り返す毎日からの脱出方法とか、理由を探りなさいよ。

後半は以外と複雑。

静かな雰囲気を楽しめる映画。

 

9.タイムループ 七回殺された男

椅子で目覚める、殺される。

 

死ぬと繰り返しという王道ループもの。

そこにいるのは白いマスクをかぶった4人組。

しかし、主人公には記憶がない。

自分が誰か分からず、なぜか殺され、なぜかループする。

 

10.トライアングル

ループしてもボディーは残る。

 

疲れ切っている主人公。

その理由は最後まで見るとわかる。

いい感じの間隔でループするので伏線が順々に回収される。

そして、彼女はまた船に乗る。

 

まとめ

自分の意思に関係なく繰り返すというのが大きなポイントですね。

低予算でできるため探せば結構あります。

ただ「タイムトラベル」とは紙一重ですね。

とりあえず「ループ」というタイトルで「L∞P」のように「OOが無限マーク」になっていたら要注意。

 

その他のループもの

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー