TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

怖いホラー映画ランキング 20以上のサイトやブログの情報を統合

スポンサーリンク

いつもは自分で選んでいるのですが、今回は様々なサイトの情報を元にランキングを作成いたしました。

 

「怖いホラー映画」や「おすすめホラー映画」で検索すると出てくる20以上のサイトやブログの情報を統合。

 

さて、結果はどうなったでしょうか。

 

第1位 9票 死霊館(死霊館シリーズ)

 

死霊館シリーズとは現在進行形のホラーシリーズです。

「死霊館」

「死霊館 エンフィールド事件」

「アナベル 死霊館の人形」

「アナベル 死霊人形の誕生」

さらに今年公開予定の「ザ・ナン」のほか、「死霊館3」の製作も決まっている。

映画としてもよくできているので必見です。

筆者は特に「アナベル 死霊人形の誕生」が強かった。

 

第2位 6票 REC

ハンドカメラ系でしかもフランスの作品が堂々の2位。

まずは寝巻きの婆さんが怖い。

そして状況はどんどん悪くなっていく。

最後の暗闇シーンはとにかく怖い。

 

第3位 5票 パラノーマルアクティビティ

またもや意外な作品がランクイン。

意外というのは低予算系という意味です。

定点カメラだけの映像がリアルさを増す。

「見たことがない」という映像は我々から「予想」を奪う。

その結果、素直にビビれるようになったのだと思います。

 

第4位 4票 複数作品

こちらは複数作品あります。

シャイニング

言わずと知れたホラー作品。

しかし、今見てもあまり強くないというか、どちらかというと芸術的だ。

 

悪魔のいけにえ

家族構成がやばい。

どことなくコメディーな感じとアングルの良さが目立つ。

派生作品も多いです。

 

ミザリー

人間怖いシリーズ。

愛はバイオレンスなんです。

 

ジェーンドウの解剖

新しめな作品ですね。

全体を覆う不穏な空気がたまりません。

 

IT

リメイク版よりこっちの方が評判が高い。

ピエロが優しそうなところが怖さを増す。

 

エスター

サイコパス度100パーセント。

意外な展開に度肝を抜かれた。

 

第5位 3票 複数作品

こちらの複数作品あります。

ライト/オフ

暗い=怖いというストレートな内容。

ホラー定番の展開ではないので楽しめます。

 

インシディアス

「死霊館」と並んで人気のシリーズ。

アンバランスな3人が面白いです。

 

デッドサイレンス

ホラーというかミステリーよりな作品。

ジャケットは完全にホラー。

 

フッテージ

有名俳優出演のホラー映画。

屋根裏にあった古いビデオに映ってたものとは・・・

 

オーメン

トラウマになっている人も多いのではないでしょうか。

続編、ドラマ化もされています。

 

28日後...

ゾンビ系ですが「走るゾンビ」で一斉を風靡。(前から走るゾンビはいたが)

描き方が残酷で、音楽が心をかき乱す。

 

ブレアウィッチプロジェクト

ホラーの歴史を変えた作品。

酔うので要注意。

 

ファイナルデスティネーション

残酷な死に方のオンパレード。

死ぬ運命を免れても、死は追ってくる。

 

エクソシスト

ブリッジ女が印象的なホラーの名作。

ただ、古い。

 

リング

描く角度や距離が印象的な作品。

ここでは「貞子」ではなく「サマラ」です。

 

死霊のはらわた

残酷描写万歳な名作。

リメイク版も血まみれです。

 

13日の金曜日

ホラー界の人気キャラクター「ジェイソン」登場。

なんでそこにいるの!

 

エルム街の悪夢

悪夢に登場するこれまた人気のキャラクター。

血管操り人形とか怖すぎ。

 

ソウ

怖いのは状況。

シチュエーションスリラーというジャンルを世に知らしめた作品。

 

ドントブリーズ

盲目の老人から金を奪おうとした若造強盗。

地下室には想像を絶する景色が広がっていた。

 

バイバイマン

これは怖いですね。

アイディアはいいですが、そこまで怖くはないです。

 

ゲットアウト

アカデミー脚本賞をとった作品。

怖いというか、その技術と野望が怖い。

 

まとめ

自分で選んでいませんが、ここまで感覚って違うものなんですね。

王道が多いのは仕方ないですが、通な作品があまりなかったと思います。

続編やリメイクがある作品は良いのが多いとは思います。

 

個人的に一番強かったホラー映画

ラストシフト

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー