TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめできない拷問映画10選 人はどこまでも残酷になれる

スポンサーリンク
hulu

他のサイトでは紹介しないくくりで攻める当サイトですが、拷問映画はまだでした。

痛いのが苦手な人は見ないと思いますが、とにかく痛いです。

そして、人間の残酷さに唖然とします。

ちなみに、素晴らしい拷問シーンがある映画は他にもあります。

「007 カジノロワイヤル」の金玉拷問とか。

ですが、今回は「拷問メイン」で選出しました。

 

1.拷問男

復讐拷問

娘を奪われた男が心の底から復讐する。

 

そして拷問、拷問、拷問。

有刺鉄線は体の一番柔らかい部分に挿入します。

ただ、よだれとかの汚い感じは少なめ。

 

2.ソウ2以降

自分でやれ拷問

しっかりとバックストーリーがあるのでシリーズ通して楽しめる。

 

最強の拷問ゲーム映画。

私は注射器のシーンが一番・・・苦手です。

自分でやらせるのがすごいですよね。

 

3.ホステルシリーズ

金持ちの快楽拷問

これぞ拷問映画。

 

金持ちの快楽のための拷問部屋。

お金を払って「拷問していいですよ」って言われてドリルで肩に穴開けますかね。

傑作です。

3では虫をアレします。

 

4.グロテスク

日本の拷問

カップルがひたすら拷問される映画。

 

エンターテイメント性はなく、ただグロい、痛い。

目の前に愛する人がいるからこそ心的苦痛は倍増。

日本最凶の1本。

 

5.マーターズ

皮剥拷問

アメリカリメイク版もありますが、元がおすすめ。

 

内容は宗教的で難解な部分もある。

前半はまだなんとかなるが、後半は想像を超えて痛い。

皮はですね、剥いじゃいけません。

リメイク版

 

6.インブレッド

汚い快楽拷問

 

残酷描写に喜ぶ若者犯罪者が奉仕活動のために田舎にいく。

 

そこで汚い住人に残酷に遊ばれていく。

とにかく汚い、グロい。

エンディングはまさかの・・・?

 

7.ラプチャー 破裂

精神的拷問

 

精神的な拷問なので人によって全然内容が違います。

 

主人公は「蜘蛛」が嫌いなので「蜘蛛拷問」です。

拷問描写は長くないので見れる1本だと思います。

エンディングは想像と全く違います。 

 

8.ムカデ人間2

糞拷問

 

拷問映画かどうかわかりませんが、繋がれたら拷問間違いなし。

 

1では医者が繋いでいましたが、2はただの変態が日用品で繋ぎます。

これ、1と2を見てやっと完結すると思っていますので、頑張って2まで見てください。

3はネタです。

 

9.オペラ座 血の喝采

瞬き拷問

 

痛いのに死なないというのは苦痛ですね。

 

しかも瞬きが拷問の対象だなんて、考えた人は天才の真逆にいる人です。

そこまでひどすぎる描写はない。

監督の性的趣向を見せられるという拷問なのか?

 

10.ワナオトコ

アイディア拷問

 

拷問というよりは拉致監禁罠映画である。

 

作るの楽しかっただろうなーという罠がたくさん。

実は「パーフェストトラップ」の前作。

邦題がダサいのはご愛嬌。

でも内容は最高です。

 

まとめ

紹介しておいて何ですが、本当におすすめしません。

中には「拷問映画だけど、いい映画もあるよなー」とか思っちゃいますが、人にすすめるものではないことを再確認しました。

戦争映画系拷問映画は別で開催しましょう。

プライバシーポリシー