TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

こんなにある「ドント◯◯映画」 しちゃいけないことだらけ。

スポンサーリンク
hulu

全ては「ドント・ブリーズ」から始まった。

 

その影響で「ドント◯◯」な映画が大量発生。

見ていきましょう。

 

ドント・ブリーズ

ドント・ブリーズ=息をしてはいけない

 

息をするとばれるという設定ですからね。

ただ、呼吸するなというわけではありません。

 

さて、ここからどんどん行きますよ。

 

ドント・ノック・トワイス

ドント・ノック・トワイス=ノックを2回してはいけない

 

あまりパクリ感はないです。

ストーリーも都市伝説系の若干ダークファンタジー。

2回ノックをするとあいつがやってくる。

 

ドント・ハングアップ

ドント・ハングアップ=電話を切ってはいけない

 

ジャケット詐欺的なところも否めない。

SNS調子乗り若者への復讐系。

ダメって言ってるのにバンバン電話を切ります。

 

ドント・スリープ

ドント・スリープ=眠ってはいけない

 

エルム街の悪夢的な、フレディー的な。

文字の感じもしっかり継承していますね、さすがです。

眠ると殺されるから、起きてよう!

という単純明解な結論に行き着く。

 

ドント・スクリーム

ドント・スクリーム=叫んではいけない

 

基本的には叫んでいい状況の方が少ないですからね。

ジャケットの家といい字体といい、完璧です。

 

ドント・イット

ドント・イット=???

 

あのホラー映画「IT」から来ている、のか?

イットとは「それ」とか「あれ」と言う意味です。

ドントは「してはいけない」なのですが文法があれなです・・・

「してはいけない、あれ」という感じで意味をなしません。

盛りすぎってやつですね。

 

その他

ドント・ブリーズ発信ではないでしょうけど、他にもあったので紹介いたします。

ドント・グローアップ

ドント・グローアップ=成長してはいけない 

 

ドント・ディスターブ!俺たち最強バディ

ドント・ディスターブ=邪魔してはいけない

 

さらにヒット作がでるとどうしてもフォロワー作品が派生ましす。

ジャケットパクるわりに内容全然違う、なんてのは日常茶飯事。

 

作品が増えたら追加していきます。

 

プライバシーポリシー