TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

映画に登場する悪魔を(9体)実名で紹介 名前を知れば撃退できる、はず。

映画好きに若干必要な知識、それは「聖書の世界」です。

天使や悪魔、天国や地獄、黙示録や最後の審判。

それを知っていることでさらに深く楽しめます。

その中で「映画によって知ってしまった」知識が、悪魔の名前です。

この記事が悪魔に見つからないことを祈ります。

  

1.サタン

登場作品「コンスタンティン」

説明不要な地獄の王。

一体どんな悍ましい見た目で登場するのかと思ったら、想像を超える白スーツ。

逆に怖い。

 

2.ヴァラク

登場作品「死霊館のシスター」

劇中では尼さんの格好をしていますが、これは仮の姿。

27の軍団を率いる大総裁で、羽を持った天使の姿をしているらしいので要注意。

ただ、双頭のドラゴンに乗っているのでそこで識別しましょう。

 

3.バール

登場映画「ザ・ライト -エクソシストの真実-」

読み方は「バアル」や「バエル」などのバリエーションがある。

66の軍団を率いる序列1番の大いなる王。

猫やヒキガエルや(王冠をかぶった)人間など、様々な姿で描かれている。

 

4.アビズ

登場作品「ポゼッション」

自身が不妊だったため、嫉妬心で乳幼児の死亡や流産を起こす女性の悪魔。

リリス(アダムの最初の妻)と表記されることもあるらしいが、詳細は不明。

「アビズ」という名前ではなかなか検索結果がないです。

 

5.パズズ(ベルゼブブ)

登場作品「エクソシスト」

「パズズ」の呼び名で登場するが、実質は「ベルゼブブ」のようです。

元々は良い神様だったらしいが、異教徒により「蝿の王」「糞の王」と呼ばれるようになった。

悪霊(デーモン)の君主の一人。

 

6.アザゼル

 登場作品「悪魔を憐れむ歌」

堕天使リストの10番目。

7つの蛇頭と14の顔に6対の翼をもつらしい。

見分けるのは簡単そうだ。

 

7.ベリアル

 登場作品「エミリー・ローズ」

68番の強大にして強力な王。

天使の姿をしているが、燃える戦車に乗って登場する。

しかし、この情報は定かではありません。

エミリー・ローズに取り憑く悪魔は全部で7体で、自分たちを「レギオン(軍団)」と呼んでいます。

その中の1体がベリアルだという記述を見つけました。

 

8.ブグール

登場作品「フッテージ 」

 映画オリジナルの悪魔の可能性大。

子供の手足を食べるらしい。

「ブギーマン」の語源になったと映画内で説明しています。

 

9.バスシーバ

登場作品「死霊館」

まだ悪魔では無いと思います。

しかし、最終的に悪魔祓い出来るきっかけとなったのが「バスシーバ」と名前を読んだからです。

この時点で既に何かしらの悪魔になっているたと推測します。

 

まとめ

 悪魔が実名で登場する映画は少ないですね。

「悪魔だ」という映画は多いですが、名前を知らないとエクソシストできません。

しかし、悪魔って何人いるのやら。

プライバシーポリシー