TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

TETSUGAKUMANアワード2019 今年の映画を振り返る!




ライトセーバー通販

2019年は映画を120本見ました。

その中から個人的なランキングをつけてお届けするのが「TETSUGAKUMANアワード」です。

120本何を見たのかなーと気になる人はフィルマークスID「TETSUGAKUMAN」で検索すれば見られます。

ぞれぞれの作品の感想も書いていますので是非フォローしてください。

さて、超個人的な今年のベスト映画を10位〜1位の順で発表します!

ベスト映画TOP10

第10位

ハンターキラー 潜航せよ

潜水艦映画は間違いない。

しかも、地上部隊も連携しているので「潜水艦物」+「特殊部隊物」で面白さ倍増なのだが、さらに政治系も加わってベストミックス!

第9位

Us

ブログでの紹介は過去最高の6000文字超。

一度では味わいきれない面白さ。

様々な解釈ができる映画なので、いろいろ調べながら何回も見るのが楽しいです。

第8位

オーヴァーロード

思いがけず面白かった作品。

ナチス系マッドサイエンティストホラーなのだが、実は序盤の戦場シーンが今までで一番リアルに感じた。

この面白さは予期していなかったのでブログで紹介していません・・・

第7位

X-MEN ダーク・フェニックス

私の快感ポイントである「目覚めたら圧倒的な力でした系」の最高峰でした!

キャプテン・マーベルもいいのですが、こっちの方が「力有り余ってまっせ感」がよかったです。

キャプテン・マーベルは単体作品よりエンドゲームが良かったですね。

これを見るとX-MENブームがきます。

そして「ザ・ニューミュータンツ」が見たくなる。

お願いです、作ってください。

第6位

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

私、ステイサムが好きなんです。

これは埼玉のドルビーシネマまで行って見ましたが、最高の色と音で楽しむ無駄話。

最高です。

第5位

クロール 凶暴領域

シンプルな映画ですが、怒涛のように畳み掛ける展開が最高です。

ピンチ!痛い!ピンチ!痛い!エンドロール!

という感じ。

あと、個人的に雨が好きなのでたまらない設定でした。

第4位

ハッピー・デス・デイ

潜水艦映画と同じですが、ループ物も外しません。

主人公の女性の顔がよく動くし(表情が豊か)元気そうで楽しいです。

展開や犯人を予想しながら見るのですが、なぜか途中で感動できるシーンがやってきます。

続編の「ハッピー・デス・デイ2U」もすぐに見ましょう。

第3位

アベンジャーズ/エンドゲーム

説明不要でしょう。

今まで散々見てきたマーベルユニバースの集大成。

あの・・・あのサノスを・・・!!!

女性戦士が一堂に集う感じとか、最高でした。

この後に「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で一旦の完結らしいですね。

第2位

グリーンブック

1本の映画として素晴らしいです。

2時間に入れるストーリーの幅、ユーモア、メッセージの深さ、説明の量。

全てが最適です。

ベスト映画第1位

この作品が1位でいいのか?と考えましたが、面白かったのでこれで行きます!

 

アナと雪の女王2

1作目はそんなに面白く感じなかったんですよ。

今回はCMで流れる歌が気に入り、見に行く事にしました。

1位にした理由は「ドラゴン・タトゥーの女」を見終わった後のようにずっと気になってしまい、サントラを聴き続ける現象に陥ったからです。

面白かったなー。 

 

続きまして・・・

ワースト映画TOP3

これは好き嫌いが激しいゾーンですね。

皆様の好きな作品も入っていますので「意見の違う人もいるなー」程度に見てください。

第3位

アド・アストラ

プラピ+宇宙でワクワクしながら見たら、なんとも中途半端だった。

文学的SFに行くのかメッセージ的SFに行くのかと想像したが、どっちでも無い。

月での盗賊事件は新しくてワクワクした。

第2位

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

余白が楽しめなかった。

というか、余白だらけに感じた。

絶賛する人もいる映画なので、好き嫌いは大きく分かれる作品です。

ワースト映画第1位

貞子

これはダメです。

日本最高のホラーキャラクターを安売りしてはいけません!

面白かったポイントは、無いです。

まとめ

今年もいろんな映画が見れて最高でした。

有名ホラー作品の続編やリメイクも多く、最高でした。

来年もどんどん映画見ていきますので、一緒に楽しんでいきましょう。

プライバシーポリシー