TETSUGAKUMANのブログ

ダークでスリリングでたまに楽しい映画を1000本以上紹介

おすすめオーストラリア産ホラー映画10選 元気なホラー映画!

PC記事上

今回はオーストラリア産のホラー映画を紹介します。

f:id:TETSUGAKUMAN:20210611085150j:plain

かなりマニアックな括りですが、なかなかなスプラッター映画を見た後に情報を調べると「オーストラリア」と書かれていることが多いので、今回はその中からセレクトしました。

そして、何と言ってもこれから上映する「レリック -遺物-」もオーストラリアホラー!

8月13日上映予定です、楽しみですね!

 

1.ウルフクリーク 猟奇殺人谷

オーストラリアは広い。

 

こんな広大な土地で人が殺されても、誰もわからない。

このおじさん、陽気でクレイジーの極みだ。

そして笑い方が気持ち悪いの極み。

まず、オーストラリア産ホラーといえばこの映画。

 

2.ミック・テイラー 史上最強の追跡者

若者から来るから仕方がない。

 

バックパッカーがいたので、捕まえて監禁した。

ウルフクリークの続編ですがタイトルがまるで違います。

でも、私はこっちの方がしっかりできていて好きです。

拷問ゲームもイカれています。

あ、あとやっぱり笑いかたが気持ち悪いです。

 

3.チャーリー:ザ・モンスター

オーストラリアのジェイソン。

 

3作連続で「若者が車で荒野を移動、からの・・・」という展開。

そう、オーストラリアでは行方不明になる人が多く、いわば都市伝説的な感じなのです。

今回のモンスターはパワー系です。

ち○こを綺麗に切り落とします。

 

4.モーガン・ブラザーズ

イエス、ばか。

 

ホラーコメディーを作るってことは相当ホラー映画が好きだってことなんです。

ホラー好きのみなさん、この髭の男が誰かお気づきですか?

インシディアスの二人組の片方です。

オーストラリアでもおバカ2人組がいて安心しますね。

 

5.リトル・モンスターズ

オーストラリアにもゾンビはいます。

 

遠足先でゾンビに遭遇。

ゆる〜いゾンビ映画ですが、下ネタもしっかりあります。

走るゾンビかノロいゾンビか?

あ、ノロいゾンビですので安心してください。

 

6.ババドック 暗闇の魔物

オーストラリアにしては陰湿。

 

不気味な絵本に見つかったら逃げられない。

こんな怖い本を子供に読み聞かせられませんよ。

と言うか、怖いのは息子の方ですがね。

オーストラリア感は皆無です。

 

7.アニマルズ 愛のケダモノ

社会の暗闇系ホラー。

 

多感な女子高生が夫婦に監禁される。

夫は町の中では評判が悪く、借金も多い。

その憂さ晴らしに監禁行為を繰り返していた。

設定が巧妙でなかなか胸糞でございます。

 

8.レイク・マンゴー ~アリス・パーマーの最後の3日間~

ファウンドフッテージ系傑作の1つ。

 

ある少女が溺死体で発見される。

そのはずが、死後に撮られた映像に彼女が写っていた。

不可解な謎をモキュメンタリー形式で追っていく。

なかなかシリアスにできていて陰湿で最高です。

淡々としすぎているので苦手な人もいると思います。

 

9.ブラック・ウォーター

オーストラリアの猛獣といえば、ワニ。

 

そしてこれ、実話です。

映像的に派手ではないが「実話」だと思いながら見るとゾッとします。

ちなみに、ワニは本物で撮影しています。

「おいおい!と言う割にワニ少ないじゃん!」と思った方は「クロール 」をご鑑賞ください。

 

10.ロードゲーム

ごめんなさい、ネタです。

 

1980年代のオーストラリア映画。

おバカな感じが癖になります。

が、突然怖いこともするのでお忘れなく。

古い映画もいける人は是非見てください。

 

まとめ

ちなみにこれもオーストラリアホラーです・・・

「ゾンビマックス:怒りのデス・ゾンビ」

さて、いかがだったでしょうか。

意外とクレイジーなオーストラリア。

バイオレンス系スプラッターが多いかなと言う印象。

ウルフクリークの続編もあるかも?

もっと映画を探したいなら↓