TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

歴史上の人物の名前がタイトルになっている映画10選 歴史を知るとさらに面白い

偉人はいつまでも語り継がれます。

時代や新しい発見によって描かれ方が変わるのも面白いところですね。

どこまでが「歴史上の」かは微妙ですが、すでに亡くなっている方で選びました。

 

1.ジャンヌ・ダルク

生没年:1412-1431(19歳没)

歴史人物映画の傑作。

 

フランスの英雄、カトリックの聖人。

しかし、実際にみて描かれた絵はなく、実在したかも実は怪しいようです。

それは置いておいて、映画として凛々しく力強い女性戦士を見るのは爽快です。

歴史の雰囲気を知る上でも重要な一作です。

ラストの処刑までのシーンは結構きつい。

 

2.エリザベス

生没年:1533-1603(69歳没)

イギリス繁栄の立役者。

 

ヴァージンクイーンと呼ばれ子供がいなかったエリザベス。

しかし、力は強大であった。

衣装が非常に美しく、見た目にも楽しめる作品。

続編の「エリザベス:ゴールデン・エイジ」もおすすめ。

 

3.リンカーン

生没年:1809-1865(56歳没)

「自由」の概念を作った男。

 

アメリカの南北戦争、独立、そして奴隷解放をした人物。

奴隷制度が当たり前だった時代。

頑固で諦めない男にこちらの心まで動かされる。

現在、困難に立ち向かってる人に是非とも観て欲しい。

 

4.マーガレット・サッチャー

生没年:1925-2013(87歳没)

鉄の女も人間である。

 

男の社会に乗り込んだ1人の女性。

なので彼女は鉄の女なのではなく、鉄の女になるしかなかったのだ。

そして、彼女にも家族がいた。

灰色や黒など濃い色のスーツに紛れる青い服が印象的。

 

5.マリー・アントワネット

生没年:1755-1793(37歳没)

史上最も豪華な生涯を生きた女。

 

国民にパンをくださいを言われて「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」と言ったとか言わないとか。

そりゃ民衆も怒りますとも。

ポップ・ミュージックに彩られた斬新な演出が楽しい。

それゆえ批判もあるが。

 

6.JFK

生没年:1917-1963(46歳没)

英雄は暗殺された。

 

タイトルはケネディー大統領のことですが、内容はミステリーです。

誰がケネディーを殺したのか。

いまだに解けない歴史の謎を解き明かそうとした男の話。

権力って怖いですねー。

 

7.ガンジー

生没年:1869-1948(78歳没)

フルネームは「モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー」

 

イギリス領インドで独立のために立ち上がった男。

映画の背景を理解するためには大まかでいいので世界史を知ることをおすすめします。

映画というより歴史の教科書のような作品。

 

8.クレオパトラ

生没年:紀元前69-紀元前30(39歳没)

逸話の多い作品。

 

CGのなかった時代。

20万人のエキストラを使って撮影された想像を超えた映画。

だって20万人のご飯を用意しなくちゃいけないんですよ。

このセットも作ったみたいですからね。

 

9.チャーリー

生没年:1889-1977(88歳没)

喜劇王の人生。

 

伝説の作品をいくつも残した映画界の英雄。

日本好きでも有名で日本に来たこともあります。

彼の作品を見たことがない人も多いと思います。

常套句ですが「騙されたと思って」見てください。

 

10.アレキサンダー

生没年:紀元前356-紀元前323(32歳没)

天才の生涯。

 

歴史上で初めて登場した英雄ではないでしょうか?

勢いがありすぎて領土を東にガンガン広げていった。

紀元前の人物なのでどこまでが真実かはわかりません。

とにかく、巨大なスケールの戦闘を楽しみましょう。

 

まとめ

実は近代の人物の映画の方が面白いんだなと感じました。

昔の人を「面白く」描くのはなかなか難しいですね。

「ブッシュ」とか「バイス」とかその辺を近いうちに紹介したいと思います。

プライバシーポリシー