TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ超能力映画10選 でも、ヒーローじゃない。

スポンサーリンク

マーベルやDCの映画が毎年観れて最高!

しかし、他にも「能力」を描いた作品はあります。

日常に溶け込んだ超能力映画です。

 

1.PUSH 光と闇の能力者

能力:物理系、時空系、空間系。

香港の街並みと能力じゃんけん。

 

あなたならどの能力が欲しいですか?

物体浮遊、未来予知、破壊。

特別であることがただそのまま良いということではない。

実際に能力があったらこんな感じだろうなと思える感じ。

 

2.レッドライト

能力:謎

マジックと超能力の境目は。

 

視点を変えようというか、全てを疑うことができるか。

白と黒の対決。

ある種「ダークナイト」的な作品です。

確かに、何かは起こっている。

 

3.ブレインゲーム

能力:時空系

アンソニーが超能力者、最高。

 

登場するのはたった一つの能力。

同じ能力を持った二人が「犯人」と「警察」に分かれて戦う。

その「犯罪」は慈悲なのか、殺人なのか。

様々な能力の中でも、これは遠慮したい。

 

4.オッドトーマス 死神と奇妙な救世主

能力:闇系

死が見える。

 

死者の話に耳を傾け、解決する主人公。

ドラマの1話のような出来だが、さくっと見るのには最適。

なのに最後泣けてしまう。

闇系能力だけどポップな仕上がりになっっています。

 

5.ジュピターズムーン

能力:空間系

出る杭は打たれる。

 

とにかく浮く映像が美しい。

普通はワイヤーの存在がなんとなく透けて見えます。

しかし、今作はそれを感じさせないことにこだわっています。

もし重力が横むきになったら、という想像の結果がここにあります。

 

6.NEXT

能力:時空系

たった2分、されど2分。

 

しかも、その見えた未来は変えることができる。

核爆弾とかを題材にしちゃうと冷めちゃいますが、そこは我慢しましょう。

時計仕掛けのオレンジでもありましたが、あの目を開けっ放しにする機械が怖い。

髪あるニコラス刑事も楽しめます。

 

7.クロニクル

能力:物理系、時空系。

思春期×超能力=制御不能。 

 

過酷な家庭環境で過ごしている主人公。

ある日、友人と洞窟の中でそれに触れてしまう。

そこから超能力が使えるようになった3人はただ面白がって使ってしまう。

誰しもが思う「特別になりたい」という希望はかなったが、それは幸せの入り口なのだろうか。

 

8.アンブレイカブル

能力:物理系

これが「リアル」だ。

 

もし、超能力があったら、多分このレベルだ。

それを誇張したのが「スーパーヒーロー」として描かれる。

観客に疑いの目を向けさせておいて、ジワジワと変えていく。

続編「スプリット」「ミスターガラス」も要チェック。

 

9.ジャンパー

能力:時空系

ドアのないどこでもドア男。

 

空間を飛び越える能力を持った男。

その能力を使って億万長者になった。

そのままだと思っていたが、そこにサミュエルLジャクソン登場。

彼は追われる立場だった。

 

10.アイアムナンバー4

能力:謎

能力者は狩られる運命だ。

 

愛を見つけて「もう逃げない」とか腐る程聞きましたが、基本ストーリーはそれです。

能力に大きくスポットを当てるわけでもないです。

なぜなら、彼かは地球の・・・

これを言ったら台無しなので、あとは見てください。

タイトルこれがベストですかね。

 

まとめ

他にも変わった超能力映画はいっぱいあります。

ドクタードリトル、マスク、グリーンマイル。

誰しもがそういう能力に憧れますよね。

でも大概は自分にとって「不要なもの」と思われます。

この中で欲しいのはジャンパーの能力ですかね。

やっぱり世界中を旅してみたい。

プライバシーポリシー