TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめヴァンパイア・ドラキュラ・吸血鬼を題材にした映画10選 太陽を浴びると死ぬ

スポンサーリンク

 海外で絶大な人気のキャラクター。

イメージもクールでかっこいい感じなようで、スタイリッシュな物が多いです。

しかし、魔女などと違って弱点が多すぎることが難点。

回避するのが大変そうです。

 

1.アンダーワールドシリーズ

スタイリッシュに戦え。

 

いつの世もヴァンパイアの敵は狼男。

 ひたすらダークな世界観を味わえます。

しかも美男美女が出演します。

割と女性に人気のアクション映画ですね。

 

 

2.デイブレイカー

人間が枯渇して、血が足りない。

 

ヴァンパイア系ディストピアを描いた未来。

光と飢えに怯えながら生きる、人間は絶滅寸前。

描きたい内容がピンとこないので、イーサン・ホークを楽しめないと大変です。

藤子・F・不二雄さんの描いた「流血鬼」を思い出します。

 

3.ドラキュラZERO

運命と引き換えに力を手に入れた。 

 

その圧倒的な力で、民を守る。

中世ヨーロッパで小さな国を治めるイケメン国王。

一人で軍隊を相手にする感じが快感です。

ただ、あんなに力があるのにラストがちょっと・・・

 

4.ブレイド

 切れ切れ切れ。

 

人類VSヴァンパイア。

しかし、主人公のヴァンパイアは人間側に立つ。

孤高の存在こそがアクションに必要なヒーローです。

笑えるくらいにかっこいいです。

 

5.プリースト

ヴァンパイは野蛮な生き物。

 

ヴァンパイアは絶滅したはず。

それでも人類は塀の中のディストピアでひっそりと生きていた。

最強のプリースト(司祭)はヴァンパイアを駆逐しにいく。

ルールを守らない主人公が世界を救う。

 

6.ヴァンパイアアカデミー

ヴァンパイア系ハリーポッター。

 

学園ストーリーがメインです。

ヴァンパイアにも「モロイ」と「ストリゴイ」と言う種類があります。

その「モロイ」と人間のハーフの主人公は種類的に「ダンピール」です。

アカデミーなだけあって覚えるべきワードが多いです。

アクションは少なめ。

 

7.ドラキュラ

これぞ、ドラキュラ。

 

雰囲気がぶっ飛んでる主人公と美しい妻。

クラシックな演出ですが、名優の共演を楽しめます。

愛と吸血のストーリー。

ドラキュラの世界観ど真ん中です。

 

8.インタビューウィズヴァンパイア

世界最高の男を2人、用意しました。

 

見終わったとに「あれ?ストーリーってなんだっけ」となります。

ブラッドピットとトムクルーズを見ていただけでは無いのか・・・

まるで絵画です。

 

9.ダークシャドウ

コメディーです、確か。

 

最近は少ないヴァンパイア映画の新作です。

魔女と蘇ったヴァンパイのビジネスバトル。

おもしろいかどうかの判断はお任せします。

好きな出演者がいれば楽しめると思います。

 

10.ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア

日本刀と女子高生。

 

短い実験的な作品。

ヴァンパイアとCIAと女子高生。

主人公は日本人に見えないですけど、日本人です。

日本でヴァンパイアの話って少ないですね。

 

まとめ

ダークでスタイリッシュでしたね。

ちなみに「ドラキュラ」と「ヴァンパイア」の違いはわかりますか?

「ヴァンパイア」は種族で「ドラキュラ」は人名です。

覚えておいてください。