TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

狂気の戦場を描いた戦争映画10選 戦争のど真ん中へようこそ

スポンサーリンク

 戦争映画には戦場を中心に描いた作品と、戦争によって引き起こされた悲劇を描く作品があります。

今回は戦場を中心に描いた作品を紹介します。

大きくは「第二次世界大戦」「ベトナム戦争」「ナチス」の作品が多いですね。

特にベトナム戦争はその悲惨さから戦場を描く作品が多いです。

最近の作品では「ハクソーリッジ」「ダンケルク」も良いです。

 

では早速見ていきましょう。 

 

1.13時間

周りは敵だらけ。

 

 

監督のマイケルベイといえば「爆破」ですね。

初めのジョーク&団欒シーンから一転、終わらない爆破シーンへ。

内容は置いといて、とにかく銃を持て、そして撃て。

そんな映画です。

 

2.ローンサバイバー

アフガニスタン

森の中での終わらない銃撃戦。

 

4人VS大量のタリバン兵。

質VS数の戦いの結末とは。

転げ落ちたりぶつかったり撃たれたり、もう見ていると疲れます。

そして、最後に大事なのは心なんだと知る。

 

3.プラトーン

ベトナム戦争

人はどこまで非常になれるのか。

 

名俳優勢揃いで描くベトナムの戦場。

音楽も素晴らしいく、感情を引き出してくれる。

基地での馬鹿騒ぎと戦場の悲惨さのギャップに途惑う。

人はこんなにも戦場で笑い、あっさりと人が殺せるのか。

「過酷な状況」それは想像することもできない。

そして、あのジャケットの意味を知る。

 

4.フューリー

第二次世界大戦

 

鋼鉄でできていてるからといって、壊れないわけではない。

 

フューリー(怒り)と名付けられた戦車。

そこで戦う男たちの命をかけた戦い。

実際のティーガーⅠ戦車を使って撮影したそうです。

町でのシーンがボディーブローのように効いてくる。

女を抱くことがそんなに重要ですか。

そう思ってしまうところが、ある意味戦場に共感できない構図を作ってくれています。

  

5.ブラックホークダウン

ソマリア内戦

敵地で孤立した兵士の泥沼の市街戦。

 

ソマリアでの民族紛争を解決すべくアメリカ軍が介入する。

作戦実施の時、汎用ヘリコプターUH-60が撃墜される。

兵士たちは作戦のためにただ投入されているため、そこに思想的な士気がない。

最悪の市街戦のリアル、終わりの見えない戦闘。

女子供も一緒に歩かせる相手兵が姑息で、その手段を選ばない感じが怖い。

 

6.シンレッドライン

太平洋戦争(大東亜戦争)

ガダルカナルでの日本対アメリカ、そして蛇。

 

現地住民は一体どんな気持ちでこの出来事を見ていただろうか。

大量の兵士が、自分の生まれ育った島で戦い、死んでいく。

平和の映像がフラッシュバックする演出が心を蝕んでいく。

演技力が素晴らしく、まだ蝕まれていない人の心が見え隠れする。

戦争を力強く描くのではなく、非日常として描いている。

「男らしく戦うんだ」ではなく「帰って家族に会いたい」と言う勇気ある作品。

 

7.地獄の黙示録

ベトナム戦争

なぜ、戦場でサーフィンをするのか。

 

前半は戦争、後半はファンタジー?

監督自身が撮影している途中から「テーマがわからなくなった」と語っている。

映画至上最高傑作とも言われる本作は逸話も解釈も多い。

一回見て、悩んで、いろいろ探して読んで、もう一回見る。

完全版は202分でなんと3時間を超えている。

いろんな意味でとんでもない化け物映画なのだ。

序盤の鏡を割って出血している血は本物。

 

8.ハンバーガーヒル

ベトナム戦争

選択肢のない若者の最後の選択。

 

そこにあるのはヒーローでも武勇伝でもない。

ただ死んでいくだけの戦争だ。

悲しい物語の先に我々は生きている。

最後に残るのは雨と火薬の臭いだけだ。

 

9.カジュアリティーズ

ベトナム戦争

戦場で正義は貫けるか。

 

現地女性のレイプを強要されるも、拒む主人公。

上司は聞く耳を持たない、仲間には腰抜け扱いをされる。

コメディー作の多いマイケルJフォックスが見せる苦悩と正義。

誰しもが主人公に共感するが、それを自分が貫けるか、自問する。

貫けない可能性が1%でもあると考えた時、あなたも戦場でのレイプ犯になる可能性がある。

そう問い詰められているような気がする。

 

10.Uボート

第二次世界大戦

潜水艦という暗く、狭い空間での戦争。

 

たった一隻の潜水艦で大西洋にいる連合国護送船団へ攻撃をしろという命令。

経験のない若い兵士と荒れ狂う海で頭脳戦が繰り広げられる。

海で目もない潜水艦は音がすべて。

見えない敵、水圧など様々な恐怖と戦うことになる。

テーマ曲が非常に有名でテクノアレンジをされてヒットした。

潜水艦映画の名作です。

 

まとめ

戦争が無人機やドローンではなく人と銃で行われた時代。

情報戦も今と違っていた当時の戦争がまざまざと広がっています。

史実との違いなどはありますが歴史を知ろうとする足がかりになります。

暗号解読映画、潜水艦映画もおすすめです。

 

その他のおすすめ

スターリングラード

ウィンターウォー

硫黄島からの手紙