TETSUGAKUMANのブログ

ダークでスリリングでたまに楽しい映画を1000本以上紹介

おすすめマッドサイエンティストが登場する映画10選 それは神の遊び。

PC記事上


ライトセーバー通販

この記事ではマッドサイエンティストが登場する映画を10作品紹介します。

人は力を持つとそれを使いたくなる。

それは人間の「性」である。

今回は科学という力を持ったがゆえに暴走してしまう!

 

1.レプリカズ

クローン科学者:ウィリアム・フォスター

クローン科学者が一線を超える。

 

家族が死んだ、よし、蘇らせよう。

と思い立ったらもう止まらない。

しかーし!

培養用ポッドは3個、家族は4人。

どうする、マッドサイエンティスト。

 

2.武器人間

ナチスドイツの科学者:ヴィクター・フランケンシュタイン

よし、人間を武器にしよう。

 

この映画の何がすごいって、声優が全部ドラえもんの声優たち何ですよ。

新と旧の。

で、マッドサイエンティストの声は誰だと思いますか?

旧スネ夫です!

ぴったりじゃないかー!

 

3.ムカデ人間

シャム双生児分離手術専門医:ヨーゼフ・ハイター

私には夢がある。

 

人間を「つなげてみたい」。

ただそれだけの映画です。

人生の大半を「人間の分離」に費やしたので、今度はつなげてみたい。

そんなところにひょっこり舞い込んだ幸運。

 

4.透明人間

天才エンジニア:エイドリアン・グリフィン

お前を離さない。

 

他とはちょっと違いますが、自分の欲望のために力を使う点で他と共通します。

映画のラストでは真実が明確には提示されないので考察する必要があります。

ただ、シンプルにこの計画を立てている時点でマッドサイエンティストですね。

ちなみに、エイドリアン・グリフィンというのは1933年の初代「透明人間」の名前と同じです。

もちろんこの「インビジブル」もおすすめ!

 

5.トランセンデンス

粒子コンピューター科学者:ウィル・キャスター

寒いぞ、ここはどこだ。

 

最先端の研究者を死なせてはいけない。

ということで、死ぬ前に意識を最新コンピューターに入れよう。

コンピューターの中に、否、コンピューターそのものになった科学者は何をするのか。

そして、彼に心はあるのか。

 

6.オーヴァーロード

ナチスドイツの科学者:ドクターシュミット

死んだ人間で最強の兵士を作るのだ。

 

これぞマッドサイエンティスト!

人体実験を繰り返し、最強の兵士を作ろうとする。

その手法がもう野蛮。

この人に捕まるなら死んだほうがマシである。

若干、グロ注意です。

 

7.ジュラシックワールド

遺伝子学者:ヘンリー・ウー

もっとデカく、もっと凶暴に。

 

人間の欲望のままにとんでもないモンスターを生み出してしまう。

恐竜にカメレオンの変色能力や赤外線放射の抑制能力も備わっている。

まるで兵器だ。

そして、早々に逃げ出すのもこういうマッドサイエンティストの能力の1つだ。

 

8.スプライス

天才遺伝子科学者:クライヴ・ニコルとエルサ・カスト

よし。うまくいった。

 

人間はいつかこの過ちを犯す。

生まれたのは人間に似た、でも人間ではない物。

見た目が人間に似れば似るほど怖くなっていく。

そして、男の性が勝る。

理性はなんて弱いんだ。

 

9.WXIII 機動警察パトレイバー

生物医学研究所主任:岬 冴子

娘を、蘇らす。

 

見た目がどんなでも構わない。

娘のDNAが入っていれば。

パトレイバーが登場するのは最後だけで、それまでは静かな刑事物って感じです。

娘が殺されるとなった母親はどうなるでしょうか。

 

10.ミスタータスク

謎の老人:ハワード・ハウ

お前はセイウチになるんだ。

 

セイウチ人間を作りたい。

それだけの映画です。

で、作りました!

最後、何で泣ける演出にしているのか。

 

まとめ

意外とありましたね。

ちなみに、予告を見るとわかると思いますが、マッドサイエンティストの王はハンニバル・レクターです。

もう、これは間違いありません。

あなたはどの科学者に捕まりたいですか?