TETSUGAKUMANのブログ

ダークでスリリングでたまに楽しい映画を1000本以上紹介

復讐映画

映画「ザ・ハント」ネタバレと考察 ネット、貧富、陰謀論、都市伝説。

話題のマンハント映画「ザ・ハント」のネタバレ込み解説、考察記事です。これはただの「人間狩り映画」ではない。現代のネット社会、デマ、陰謀論や貧富の差を強烈に伝えてくる「社会派マンハント映画」なのだ。とわいえ、難しく考える必要はないです。若干…

映画「ザ・ハント」公開記念! おすすめマンハント映画10選

人が人を狩る。それは欲望に狂った人間の狂気。そんな映画を10作品も紹介?どうかしてるぜ。

つまり、犯人は誰? 映画「透明人間(2020)」ネタバレと考察

世紀のモンスターを現代化。 透明人間 究極のストーキング ユニバーサルスタジオの「モンスターシリーズ」のリメイク。 確か「ダークユニバース」なる大きな世界観を作る予定だったが「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」は興行的に振るわなかったので終了。 …

だから未来が怖いんだよ! 映画「アップグレード」ネタバレ と感想

人間は完璧じゃない。 アップグレード 電脳化一歩目 人間にAIを埋め込み最強になった男。 予告編のカメラの動きや戦闘が面白そうですね。 ストーリー ネタバレ 感想 ①妻を殺す必要性 ②主人公が選ばれた理由 ③アナログ VS デジタル まとめ ストーリー 車が全…

狂気は金持ちの副産物 映画「ジョーカー」ネタバレと感想

孤独が芸術になる。 ジョーカー 狂っているのは俺か、街か。 これはあの「ジョーカー」の映画なのか。 バットマンの宿敵「ジョーカー」なのか? そう、これは狂騒曲なのだ。 ストーリー 感想 ①ダークナイトとの類似点 ②ジョーカーの父親問題 ③夢オチ まとめ …

映画「エンド・オブ・トンネル」ネタバレと感想 伏線回収が快感だぜ!

伏線を回収する快感映画。 エンド・オブ・トンネル ちなみに、彼の最大の「武器は動かない下半身」ではない。 大々的な映画ではないが、ストーリーがしっかりしている。 映画的な面白さをふんだんに取り込んだ濃厚な作品です。 「ハンデを持った人 VS」とい…

おすすめ復讐(リベンジ)映画10選 最も純粋な行動理由。

復讐ほど純粋な理由は映画界にないですね。 スカッとできるもの、できないもの。 激しいアクション、静かなスリル。 いろんな種類を楽しみましょう。 1.デッドプール ヒーロー、復讐する。 失礼、彼はスーパーではあるがヒーローではない。 彼は世界を救いた…

映画「ブルー・リベンジ」ネタバレと感想 復讐はどう完結するか

静かな復讐バイオレンス映画。 ブルー・リベンジ 復讐は静かに。 ジャケットだけ見るとぶっ飛んだ髭のシリアルキラーが殺し回るのかと感じます。 しかし、内容はぜんぜん違います。 ある男の悲しい過去と彼の選択肢の話です。 キャラクターの反応が意外なの…

映画「ドント・ハングアップ」感想とネタバレ 電話切るなって言ってるだろ!?

◯◯してはいけない系ホラー映画 ドント・ハングアップ 何があっても電話を切るんじゃない。 最近増えてきたSNS系やリア充死ね系映画の一つです。 「ハングアップ」は「電話を切る」という意味とネット用語で「操作不能な状態」を指す言葉です。 二つの意味を…

映画「ザ・ギフト」ネタバレと感想 こうやってストーカーは誕生する。

スリラー映画として期待の高いこの作品。 スリラー映画とは 「観客の不安や緊張感を煽る作品の事」 まさにこの作品がそう。 ザ・ギフト その贈り物は優しさか、脅迫か。 監督、脚本、出演の三役をジョエル・エガートンがこなしています。 しかも主人公じゃな…