TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

スリル

映画「クロール 凶暴領域」ネタバレと感想 痛い!ピンチ!痛い!ピンチ!

デザスター映画ミーツ、ワニ。 クロール 凶暴領域 鬼に金棒ならぬ、ワニに水。 サバイバルスリラーとして期待値の高かった今作。 「ドント・ブリーズ」同様の予告編みてから本編見るとより楽しめる構造になっている。 ストーリー 端的ネタバレ 感想 ①予告の…

誰が味方で誰が敵?この人だれだっけ? おすすめスパイ映画10選

裏の裏の裏を読む。それがスパイ映画の醍醐味です。難解だし途中で誰が誰かわからなくなります。しかし、それで良いんです。最後のどんでん返しで「なるほど」と思えれば。

映画「ハンター・キラー 潜航せよ」ネタバレと感想 潜水艦映画は最もスリリング

潜水艦映画にハズレなし。 ハンター・キラー 潜航せよ 音と判断が全て 久しぶりの潜水艦映画ですね。 思惑と政治と命令と実行が全てを動かす、直結する。 分かりやすいストーリーとギリギリの映像にハラハラドキドキです。 ストーリー ネタバレ 感想 ①地上部…

おすすめ電車、列車が舞台の映画10選 降ろしてください!

電車が舞台の映画は基本的にパニック要素が強くなります。 降りられない、逃げられない、止まらない。 それ以外にもSFものやヒューマン作品もあります。 1.アンストッパブル 暴走する列車を、止めろ。 名優主演のハラハラドキドキ暴走列車。 それは新人の初…

判断力・決断力がすべて おすすめ潜水艦が舞台の映画10選

戦争映画の中でも飛び切り緊張感のある乗り物。それが「潜水艦」です。目ではなく、耳のみで全てを判断しなければならない。判断ミスは命取り。判断遅れも命取り。緊張感のど真ん中へ、潜水開始。

プライバシーポリシー