TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

スリラー映画

映画「クロール 凶暴領域」ネタバレと感想 痛い!ピンチ!痛い!ピンチ!

デザスター映画ミーツ、ワニ。 クロール 凶暴領域 鬼に金棒ならぬ、ワニに水。 サバイバルスリラーとして期待値の高かった今作。 「ドント・ブリーズ」同様の予告編みてから本編見るとより楽しめる構造になっている。 ストーリー 端的ネタバレ 感想 ①予告の…

映画「Us(アス)」ネタバレと考察 監督の悪夢を具現化

「ゲットアウト 」で大きな注目を浴びたジョーダン・ピエール監督の最新作。ホラーやスリラーな内容だがアメリカの根深い「格差」の問題に切り込む。様々なメタファーで見る側を翻弄する。当ブログでは1つ1つのキーワードを読み解く形で解説します。

映画「エンド・オブ・トンネル」ネタバレと感想 伏線回収が快感だぜ!

伏線を回収する快感映画。 エンド・オブ・トンネル ちなみに、彼の最大の「武器は動かない下半身」ではない。 大々的な映画ではないが、ストーリーがしっかりしている。 映画的な面白さをふんだんに取り込んだ濃厚な作品です。 「ハンデを持った人 VS」とい…

映画「ウインド・リバー」ネタバレと感想 雪山狙撃に歓喜!

説明の量が絶妙。 ウインド・リバー 問題が山積み 冬には冬の映画を見よう、ということで寒そうな映画を。 しかし、寒さ強調ではなくアメリカの社会派ミステリーとして"隠れた"名作になりそう。 ストーリー 感想 ①差別、区別、部族、衰退 ②構造の面白さ ③「…

未知の危険がいっぱい おすすめS Fスリラー映画10選

過酷な宇宙環境で恐怖に襲われるSFスリラー映画。 相手は「エイリアン」だったり「殺人鬼」だったり・・・。 限られた空間、逃げるのも隠れるのも困難。 それでも、人は宇宙を目指す。

おすすめホラー映画をジャンルごとにまとめて紹介 怖いって幸せ

ホラー映画をまとめて紹介。 「家が怖い」「ピエロが怖い」「悪魔祓い(エクソシスト)」「悪魔・魔術」「リメイクされたホラー映画」などなど、様々なジャンルに分けています。 気になる映画を見つけて下さい。

映画「クワイエット・プレイス」ネタバレと感想 恐いのはアイツじゃなくて・・・釘。

「イット」を越えた!とか「ゲット・アウト」を越えた!とか、期待値高まる。 クワイエット・プレイス 釘を、釘を・・・ 今年一番楽しみだった映画です。 予告で多くを語らない場合は本編でびっくりできる。 さて、その結果はどうだったのでしょうか。 スト…

超個人的にたまらなく好きな映画10選(マイナー編) ダークでスリリングが最高

何をもってしてマイナーなのかは難しいです。 普通に生きていても出会わない映画、ですかね・・・ 超個人的に好きな映画ですので、あしからず。 1.ボーダーライン 観客は主人公と同じ気持ち。 男らしい女、ではないのだけど強気で自信にあふれた主人公。 あ…

映画「インサイド」ネタバレと感想 伝え方下手くそか!

難聴の妊婦VS・・・ インサイド 人生最良の日から奈落の底へ 「ドント・ブリーズ」的な設定ということで劇場で観てきました。 ホラーではなく、スリラーでした。 ジャンル名を選ぶなら「イライラシチュエーションスリラー」です。 ストーリー ネタバレ 感想 …

おすすめタイムループ、タイムリープ系映画10選 繰り返し繰り返し繰り返し

ハズレの少ないジャンルです。 なんなら脚本をしっかり練らないといけないジャンルであり、伏線と回収が主な目的だからです。 ここで区別したいのは「タイムトラベル」との違いです。 微妙ではありますが「タイムトラベルほど自由に行き来できない」という定…

おすすめホラー映画「クワイエット・プレイス」日本公開日決定! 全米で驚異の大ヒット

今年大注目のホラー映画。 クワイエットプレイス 全米ではすでに公開されている今作。 日本での公開も正式に決定しました! 日本公開日:2018/9/28 予告 雰囲気 評価 まとめ おすすめ映画 まずは気になる予告編をどうぞ。 予告 雰囲気 見た限りだと一切音を…

おすすめ予告編がかっこいい映画10選 期待値が高いのも良し悪し

予告編がかっこいいパターンには2つある。 本編もかっこいいか、本編は駄作か。 かっこいい予告編を見て、本編を見ないわけにはいかない。 1.スーサイド・スクワッド クイーンは間違いない。 本編はアレだったタイプ。 実は予告編があまりに評判が良く、本…

おすすめ!見ておくべき話題のホラー映画10選 洋画で良作大量

ホラー映画は新しい時代に突入した。 新しいアイディア、新しい設定、新しい試み。 更に、最近は映画だけではなく「事前に予告を見ている」ことを意識した連携プレーが見事です。 「予告を見る」→「ミスリードする」→「本編を見る」→「どんでん返し」 なので…

判断力・決断力がすべて おすすめ潜水艦が舞台の映画10選

戦争映画の中でも飛び切り緊張感のある乗り物。それが「潜水艦」です。目ではなく、耳のみで全てを判断しなければならない。判断ミスは命取り。判断遅れも命取り。緊張感のど真ん中へ、潜水開始。

こんなにある「ドント◯◯映画」 しちゃいけないことだらけ。

全ては「ドント・ブリーズ」から始まった。 ドント・ブリーズ ドント・ノック・トワイス ドント・ハングアップ ドント・スリープ ドント・スクリーム ドント・イット その他 ドント・グローアップ ドント・ディスターブ!俺たち最強バディ その影響で「ドン…

おすすめメキシコ麻薬戦争を描いた映画10選

トランプ大統領の誕生で注目の集まったメキシコとアメリカの国境問題。 壁を立てるのかどうなのか。 それは映画を見ていろいろ考えてからにしましょう。 ちょっとタイトルとの被りが浅い作品もあります。 要はメキシコ付近の映画です。 雰囲気です。 1.ボー…

2018年注目のミステリー映画「ボーダーライン:2」続編の予告解禁

ダークでミステリアスで主人公と観客をも置いてきぼりにする名作。 ボーダーライン その続編が2018公開決定! SICARIO 2 SOLDADO 前作より大規模に。 前作より非情に。 勝手に邦題予想 ボーダーライン 背景 ストーリー 続編 まとめ 麻薬戦争メキシコ関連おす…

映画「フラットライナーズ」ネタバレと感想 ミニスカにメガネで白衣はけしからん!

ポスターはB級感満載だが、意外としっかりした映画でした。 フラットライナーズ ホラー色は薄め 医学生が禁断の実験をする医学系ホラー映画。 出演者には有名な俳優もいるので予算はしっかりかけています。 ホラーホラーを求めて観るとちょっとがっかりする…

映画「サイレント・ウェイ」ネタバレと感想 映画史上困惑度NO.1のオープニング

そんなに、悪くは、ない。 サイレント・ウェイ 舞台はコインランドリー、出演者3人。 ブレードランナーなどでファンになった人も多いのではないでしょうか。 アナ・デ・アルマスさん 彼女の作品を追う上で避けては通れない作品です。 しかし、ジャケットを見…

あの女め!天才か! 映画「ゲット・アウト」ネタバレと感想

2017年もっとも話題になったホラー映画。 ゲット・アウト 持つべきものは友達 公開前から大注目だった映画。 予告を見る限りでは「差別」をテーマとしたホラー映画のようでした。 しかし、その斜め上を行く素晴らしい作品だった。 GET OUT=出て行け 同監督の…

映画「2001年宇宙の旅」ネタバレと感想 芸術的SFスリラーだった。

何十年も前のSF映画はちゃっちくて面白くないのではないか。 そんな思いから見ていなかった作品でしたが。 とんでもなかった。 2001年 宇宙の旅 これが芸術だ。 どうですかこの予告。 さっぱりわかりませんよね。 そう、この作品は「芸術」なのです。 でも大…

映画「深海47メートル」ネタバレと感想 新たなどんでん返し

期待のサメ映画。 海底47m B級映画を楽しもう サメ映画っていいですね。 内容でいうと「ロスト・バケーション」的な感じ。 目的はバカンス(お決まり)。 で調子に乗って海へ(お決まり)。 からのサメ(お決まり)。 でも今回はケージの中なので大丈夫でしょう。 …

拷問映画・・・ではない 映画「ラプチャー 破裂」ネタバレと感想

トラウマを直球で刺激するとんでも映画、かと思いきや・・・ ラプチャー 破裂 あなたの嫌いなものは何ですか? 「ラプチャー」とは、 キリスト教終末論においてイエス・キリストの再臨の際に起きるとされる現象。 現代の使い方としては「狂喜、歓喜、有頂天…

映画「ブルー・リベンジ」ネタバレと感想 復讐はどう完結するか

静かな復讐バイオレンス映画。 ブルー・リベンジ 復讐は静かに。 ジャケットだけ見るとぶっ飛んだ髭のシリアルキラーが殺し回るのかと感じます。 しかし、内容はぜんぜん違います。 ある男の悲しい過去と彼の選択肢の話です。 キャラクターの反応が意外なの…

映画「ワン・ポイント・オー」ネタバレと解釈 あなたも洗脳されている

暗くて難解だけどそこが心地よい映画 ワン・ポイント・オー 1.0 予言の書となった映画 2004年公開の難解なディストピア系SF映画。 ジャンル分けは非常に難しいが、主人公が脅迫されていると感じるところを見ると「スリラー」に分類して良いのかと思います。 …

おすすめ100分以内の短い映画10選

スリルが続く映画だと100分以内くらいがちょうどいいです。 逆にそれ以上続くとだれてしまいますし、飽きます。 今日は短めのスリル満点な映画を紹介します。 1.ドント・ブリーズ 上映時間:88分 最近のスリラーの傑作。 短い時間に形勢逆転がなんども起こり…

映画「ノー・エスケープ 自由への国境」ネタバレと感想 生死をかけた追いかけっこ

国境系スリラー映画。 ノー・エスケープ 自由への国境 砂漠は広大だ。 アメリカ大統領選以前からであるが、アメリカとメキシコの国境は大問題だ。 メキシコ人がどんどんアメリカへ来てしまう。 全長3141km、不法移民の数1年で約100万人。 生活水準の差が原因…

おすすめ猟奇殺人を描いた映画10選

猟奇殺人や劇場型犯罪は映画の良い題材となります。 かなり手を加えた物となるべく忠実に描いた物に分かれます。 実話ベースの物とフィクションとは今回は分けずに紹介いたします。 1.ハンニバル ハンニバル・レクター博士、怖い。 紳士で博学な猟奇殺人鬼、…

映画「ゾディアック 覚醒」ネタバレと感想 カリスマは死んだ

伝説の殺人鬼「ゾディアック」のその後の話。 ゾディアック 覚醒 怪物は生きていた。 今でも伝説として語り継がれ、映画や小説の題材になっている「ゾディアック」。 表紙はB級感あるが、音楽や暗さはなかなか良い。 アナザーストーリーとしてどこまで面白く…

映画「ザ・ニューミュータンツ(原題)」がまた延期 2020年は確実?

マーベルヒーロー作品がとうとうホラー映画を作った。 「X-men」の世界観で描かれるようです。 ニュー ミュータンツ ヒーローなのにホラー。 わかっていること キャラクター マジック(アニャ・テイラー=ジョイ) ウルフスベーン(メイジー・ウィリアムズ) キ…

プライバシーポリシー