TETSUGAKUMANのブログ

ダークでスリリングでたまに楽しい映画を1000本以上紹介

2020年12月に見た映画をサクッと紹介 最後はそれでいいのか・・・

感染パニックに染まった一年でしたね。 そんな年の12月、締めに見た作品はゾンビ映画でした。 1.ザ・タウン ジェレミー・レナーの悪ガキ感がすごい! そして、嫌なエンディングにむけて落ちていく感じが結構きつい。 やっぱりクライム映画って頭脳派がクール…

おすすめマッドサイエンティストが登場する映画10選 それは神の遊び。

科学が人間を進化させたが、人間も科学を進化させる。もう道徳観や倫理観は存在しない!慣れなら、彼らはマッドサイエンティスト だからだ!

TETSUGAKUMANアワード2020 今年1年を振り返る!

今年も終わりですね。 もちろん皆さんも同じだと思いますが、とにかく映画が延期になった。 今年見た作品は128作品です。 で、新作映画って・・・ほとんど見れていないので・・・ ので、最初に今年見た新作のTOP5を紹介した後、旧作も含めて今年私が初見の映…

ホラーが800作品以上!?映画を公平に評価する「MIHOシネマ」をご紹介

8000作品の映画を紹介している映画サイトをご紹介。特徴とおすすめポイントを紹介。さらに、映画マニアの5番勝負も開催!さて、どちらが勝つのでしょうか!?

映画「アナと世界の終わり」ネタバレと感想 エンディングが深すぎる。

「アナと雪の女王」ならぬ「アナと世界の終わり」はディズニーファン必見!でもゾンビ映画。ゾンビファン必見!でもミュージカル。それってどうなの?実は・・・いい映画でした。

映画「ザ・ハント」ネタバレと考察 ネット、貧富、陰謀論、都市伝説。

話題のマンハント映画「ザ・ハント」のネタバレ込み解説、考察記事です。これはただの「人間狩り映画」ではない。現代のネット社会、デマ、陰謀論や貧富の差を強烈に伝えてくる「社会派マンハント映画」なのだ。とわいえ、難しく考える必要はないです。若干…

2020年11月に見た映画をサクッと紹介 ゾンビ映画の底力

11月は劇場にいかず、ひたすら家で映画見ました。 今月は「意外と面白かった」作品に出会えてよかったです。 1.スフィア おいおい水中に何かヤバめのものがあるぞ! ということで潜ってみた映画。 どことなくソラリス的な雰囲気もあるが、未知の相手とのやり…

映画「ザ・ハント」公開記念! おすすめマンハント映画10選

人が人を狩る。それは欲望に狂った人間の狂気。そんな映画を10作品も紹介?どうかしてるぜ。

2020年10月にみた映画をサクッと紹介 意外と八つ墓村

いろいろ挑戦した月でした。 だって、八つ墓村見ましたからね。 1.ゴースト・エージェント/R.I.P.D ライアン・レイノルズ目的で鑑賞。 多分この映画はタイトルを思いついた瞬間がピークだったと思います。 RIP(ご冥福をお祈りします)とLAPD(ロス市警)合わせ…

300記事を振り返る!映画ブログのあれこれ。

このブログの300記事記念号。開始から3年以上。アクセス300万以上。地味に頑張ってきました。

多くのフォロー作品を生んだ伝説のホラー映画をご紹介

人気の映画にはフォロー映画(ジャケットの雰囲気やタイトルを似せる)がついてきます。今回はホラー映画で発生したフォロー作品を紹介していきます。

女性がたまらなく好きな映画10選 アン・ハサウェイは正義。

女性のおすすめの映画を男性目線で解説。半分恋愛映画ですが意外とダークファンタジーもお好き?戦う女、自由な女、恋に生きる女など10作品紹介しています。

男がたまらなく好きな映画10選 拳、車、夢、寡黙、ルール、仲間。

男がたまらなく好きな映画を紹介しています。最高な男に必要な条件はなんでしょうか?これを見ればそれがわかります。カップルで見ると女性が寝てしまう可能性がありますのでご注意ください。

2020年9月に見た映画をサクッと紹介 TENET!!

2020年9月に見た映画を超個人的な視点から振り返る。

映画「ダーク・スクール」ネタバレと感想 エスター恐怖症発症!

不良少女がなぜ5人しか入れない寄宿学校に入れられたのか?高額な学費のその学校では「一人一人の才能を開花させる」ことが得意なのだが、それにはカラクリが・・・。急に数学や絵画の才能を開花した裏側を主人公は探し始めるゴシック学園ホラー。

2020年8月に見た映画をサクッと紹介 夏には夏の映画を

各方面であたり映画を引いた月でした。 アクション、サメ、ホラー。 では紹介していきます! 1.ロックンローラ ガイ・リッチーと豪華俳優で面白くないわけがない! と思ったのですが、そこそこでした。 ジェラルド・バトラーにトム・ハーディーとかですが、…

時間とエントロピーを説明します。 映画「TENET(テネット)」簡単ネタバレと説明

「時間」とはエントロピーによって方向性が決まる。その時間の方向をめぐる戦争が「第三次世界大戦」なので。それを止めるために・・・?え?何言ってるかわからない?その部分、説明します。

2020年7月に観た映画をサクッと紹介 完璧最強キャラクターが好きなんです。

久しぶりに映画館へ行ってきました。 鑑賞は「透明人間」これは良かった。 何より音が重い! 帰りはサントラ聴きながら帰りましたね。 では7月に見た映画を紹介していきます。 1.ボーン・レガシー めちゃくちゃ面白いじゃないか。 「あのボーンシリーズに違…

アメリカ大統領って大変だ映画10選 生きて任期を全う出来るか・・・

アメリカ大統領って世界一狙われる人物の一人ですよね。 仲間も多いが敵も多い。 大統領が主人公の場合は「アメリカ最高!」という内容が多いですが、振り切ってて気持ち良いです。 あと、とにかく味方が強いので安心して観られます。 1.エンド・オブシリー…

2021年公開予定のホラー映画12選 延期になったものがやっと見られる

2020年は新型コロナウイルスの影響で様々な映画の公開が中止になったり延期になったりしましたね。 そんな中、2021年はどんな映画が公開予定なのでしょうか。 ※2020/12/16更新情報赤文字 ザ・デビルズ・ライトは情報が消えていたため削除しました。 1.死霊館…

2020年6月に観た映画をサクッと紹介 劇場鑑賞作品なし・・・

映画館に行きたい! 映画館に行きたい! けど行けないなら、自宅で観てやる! 1.ロストアイズ 目が見えなくなっていく恐怖。 見えないのに見える人に間違いを指摘すると、もちろん信じてもらえません。 というモヤモヤ時間が続きます。 2.108時間 「108時間…

つまり、犯人は誰? 映画「透明人間(2020)」ネタバレと考察

世紀のモンスターを現代化。 透明人間 究極のストーキング ユニバーサルスタジオの「モンスターシリーズ」のリメイク。 確か「ダークユニバース」なる大きな世界観を作る予定だったが「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」は興行的に振るわなかったので終了。 …

2020年5月に見た映画をサクッと紹介 ホラーホラーホラー!

映画館に行けないのでとにかく家で観ました。 ホラー映画を。 1.ドント・スリープ 寝ると気持ち悪いBBAに襲われる、と。 絵画を使ったりってのは死霊館の影響かな。 可もなく不可もない、あまり覚えていない映画。 2.ナーヴ 十代の皆さんが喜んじゃう感じの…

おすすめ色が印象的な映画10選 赤!ピンク!青!黒!

映画としては「色」は重要な要素の一つです。 そこを吐出させ、もうストーリーなんてどうでもいい! と、思わせたり思わせなかったり。 1.オンリー・ゴッド よくわからない、けどすごい。 タイ王国。 そこで人が消えたら、それはもう見つからないということ…

2020年4月に見た映画をサクッと紹介 映画館に行きたいぞ!

映画館で映画が見たい。 もちろん家でも十分楽しめるんですよ。 でも、あの映画館に向かって、入り口から入って、チケットを買って、待って、ドリンクとか買って、開場とともに中に入って、予告を見て、広告見て、映画泥棒見て、注意事項を見て・・・ からの…

2020年3月に見た映画をサクッと紹介 外出するな!家で映画を見ろ!

映画館を自粛しなくてはいけない今日この頃。 家で何するか? 映画、見ます。 1.コンテイジョン 今、大注目の感染パニック映画。 現在の状況を予言している!なんて声もありますね。 ドアノブとかをジッと映す感じとか、怖いですね。 咳している感じとか、怖…

だから未来が怖いんだよ! 映画「アップグレード」ネタバレ と感想

人間は完璧じゃない。 アップグレード 電脳化一歩目 人間にAIを埋め込み最強になった男。 予告編のカメラの動きや戦闘が面白そうですね。 ストーリー ネタバレ 感想 ①妻を殺す必要性 ②主人公が選ばれた理由 ③アナログ VS デジタル まとめ ストーリー 車が全…

ホラーマニアがおすすめするホラーコメディー映画10選

ホラーコメディーは「ホラーあるある」や「あの映画のシーン!」みたいなのが多いので実は上級者向け。 笑って、そしてなぜか泣けてしまったりしてしまう、ホラー。 1.ハッピー・デス・デイ ホラーでコメディーで泣けて笑えてループして。 要素てんこ盛りで…

2020年2月にみた映画をサクッと紹介 1917のサントラ買いたい。

新型コロナウイルスの影響でアクセスが爆増中。 映画館は相変わらず営業してくれています。 1.ローガン・ラッキー 豪華俳優集結のドタバタクライムアクション。 勝手に「スナッチ」的なものを期待していたが、ちょっと違った。 アメリカ南部なまりにする事で…

映画「犬鳴村」ネタバレと感想 1990年代の古典的ホラー映画だ。

トンネルの先には何が待ち受けているのか。 犬鳴村日本の古典的ホラー映画。 あの「呪怨」を作り出したJホラーの申し子清水崇監督による最新作。 みなさんの期待も高かったのではないでしょうか。 「日本最強の心霊スポット」とは? ストーリー 感想 ①時代設…