TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

多くのフォロー作品を生んだ伝説のホラー映画をご紹介

多くの類似作品(フォロー作品)を生み、ホラー映画界に多大な影響を与えた作品といくつかのフォロー作品を紹介します。

注意!邦題がそうなっているだけパターンもあります・・・

 

1.ドント・ブリーズ

ドント・ブリーズに続け!

小さいスペース、シンプルな設定でここまで面白くできるか!と舌を巻いた作品。

現在、続編制作中ということで楽しみで仕方ありません。

これは本当に影響力が大きく、私の勝手な予想ですが「リング リバース」でも暗闇追いかけっこシーンがあったのでこの影響だと思っています。

あと、元米軍って強い。

デトロイトの街の死んでる感じ、非行に走る若者、助けてくれない社会システム、毒親。

今考えると社会情勢も取り込んだ、すごい映画です。

まだありますので詳細はこちらへ 

 

2.イット・フォローズ

イット・フォローズ に続け!

新しい設定と音楽、雰囲気で圧倒的に面白いホラー映画。

突然襲われることがなく、頑張れば身を守れるが、逃げられない。

そして、「それは近くにいるのか?」と鑑賞しているのかこっちが探してしまうという体験型。

フォロー作品はほぼジャケットの雰囲気を汲み取っている感じ。

おすすめは「ババアが憑いて来る。」のフォロイングです。

 

3.死霊館

死霊館に続け!

今一番人気のホラー映画シリーズ「死霊館」はタイトルを似せただけのフォロワーが大量発生中!

もう漢字3文字だったらなんでもそれに見えてくる。

それだけ「死霊館」の影響力が大きいということですね。

本家の続編や関連作も多く、間違いなくここ10年で1番の人気作品です。

死霊匣とかピエロだし、盛り込みすぎ。

 

4.ライト/オフ

ライト/オフに続け!

まだフォロー作品は多くないですが、確実に影響のあった作品。

ライト/オフはシンプルに暗い=怖いを描いたいい映画です。

それ以上にタイトルの雰囲気が他の映画にもハマったようです。

元は「フェイス/オフ」説もありますが・・・

 

5.アンフレンデッド

アンフレンデッドに続け!

こちらはジャケットやタイトルというよりもSNSでの恐怖を描いた点が評価されています。

現在では増えてきていますが全てPCの画面上で展開するのが今までになかった。

低予算でできるところをしっかりと作り込んでしっかりとホラー作品に仕上げています。

今後どんどん増えていくと思いますので要チェックです。

6.クワイエット・プレイス

クワイエット・プレイスに続け!

スマッシュヒットを記録した大ヒットホラー映画。

その後「クワイエット◯◯」が突然出てきたので試しにフォレストを見てみたんですよ。

で、よくよく考えたら「クワイエット=静かに」ってホラー映画で騒いだほうがいい場面なんてないなって思いました。

つまりなんでもクワイエットにできるんですよ。

クワイエット・ボーイはもうクワイエット以外何も寄せていません。

 

7.イット

イットに続け!

本当はピエロ映画は全部イットのフォロー映画だと思います。

でも意外とないじゃないかって思いました。

それは「THAT(ザット)」が強烈すぎるからですね・・・

何から何まで似せています。

ちなみに内容はまるで似ていません。

 

8.クライモリ

クライモリに続け!

大量発生系ですが、もう素材がシンプルにホラー向きなので仕方ありません。

森の中で狙われる、それだけでこんなに映画が作れるんです。

セガール作品が「沈黙シリーズ」と勝手に呼ばれている感じですね。

こちらはまだまだ続きそうです。

 

9.REC

RECに続け!

これはちょっと経路が違うのですが、3は一応正統後継作品ですが、ハンドカメラもなければ出演者も設定も違う、別物じゃん!ということで載せています。

あとはアメリカのリメイクは一旦置いておいて、リメイクの続編はまったく別物。

本家の4は1の主人公が復帰して舞台は船です。

 

10.スピーシーズ

これがテレビでやっていた時代があったんですよ。

途中からSFモンスター映画だってことを忘れてエロを期待し始めると痛い目に遭います。

正統続編も4まであって、Xシリーズ、バイオシリーズなどがあります。

シリーズといっても、関係ないですけどね笑

たまに無性にみたくなるスピーシーズ。

 

まとめ

影響力があってもフォロー作品ができない映画ももちろんあります。

「ゲット・アウト」とかですね。

今後はどんな作品がヒットしてどんなフォロー映画が出てくるのか、楽しみです!

プライバシーポリシー